ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パラレル化

同時実行プロセスの管理

例および操作のヒント

イベントのブロードキャストによるステートの同期

直接ローカル イベント ブロードキャストの使用方法について説明します

動的なテスト ベクトルの実装

シミュレーション時に動的に変化するテスト ベクトルを作成する方法を紹介します。

概念

パラレル ステートの順序付け

同じチャート内の複数のパラレル (AND) ステートは同時に実行されますが、Stateflow® チャートでは、シミュレーション時にそれぞれをアクティブ化するタイミングが判定されなければなりません。

パラレル ステートの明示的な順序付け

既定の設定では、設定した実行優先順位に基づいてパラレル ステートが明示的に順序付けされます。

パラレル ステートの暗黙的な順序付け

暗黙的な順序付けモードでは、パラレル ステートが位置に基づいて暗黙的に順序付けられます。

パラレル ステートの順序の維持

明示的な順序付けまたは暗黙的な順序付けのどちらを使用するかにかかわらず、パラレル ステートの削除、番号変更、または追加時には、実行の優先順位の調整が試みられます。

復元されたステートにおける実行優先順位

パラレル ステートを Stateflow チャートから削除した後に復元しなければならない場合があります。

明示的な順序付けと暗黙的な順序付けの切り替え

パラレル ステートを明示的に順序付けてから暗黙的な順序付けモードに切り替えた場合、実行順序は配置による暗黙的なルールに従ってリセットされます。

ボックスとサブチャート内のパラレル ステートの実行順序

ボックス内で一連のパラレル ステートをグループ化しても、相対的な実行順序は保持されます。

実行時におけるチャートの構造の相互作用の仕組み

チャート実行時のグラフィカル構造体と非グラフィカル構造体の相互作用の仕組み

ステート構造

各ステート (またはチャート) には、含めることのできるサブステートの種類を決定する "構造" が含まれています。

この情報は役に立ちましたか?