ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マスク

Stateflow® ブロックをマスクして、外観、パラメーター、ドキュメンテーションをカスタマイズする

他の Simulink® ブロックと同様に、Stateflow チャート、状態遷移表および Simulink の真理値表のマスクを作成できます。この節では、Stateflow ブロックについて説明します。詳細は、Simulink ドキュメンテーションのブロック マスクを参照してください。

例および操作のヒント

Stateflow ブロックへのマスク適用

Stateflow ブロックのマスクの例

マスク下の表示

マスク下の表示例。ユーザー メニューおよびバッジ。

マスク アイコンの描画

この例では、描画コマンドを使用してマスク アイコンを作成する方法を示します。

マスクの初期化

マスク エディターの [初期化] ペインで、マスク ブロックを初期化する MATLAB® コードを追加できます。

概念

マスクについて

Stateflow ブロックのマスキング。

マスク エディターの概要

マスクはブロックの内容を非表示にするブロックのカスタム ユーザー インターフェイスであり、独自のアイコンとパラメーター ダイアログ ボックスをもつ Atomic ブロックとしてユーザーに表示します。

マスク パラメーター

マスク パラメーター

Stateflow マスクの制約

Stateflow マスクの制約

この情報は役に立ちましたか?