ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

入力イベントと出力イベント

システム反応励起トリガー、他システムのアクティブ化トリガー

例および操作のヒント

入力イベントを使用した Stateflow チャートのアクティブ化

エッジ トリガーと関数呼び出しを入力イベントとして使用して、Stateflow® チャートをアクティブ化する方法について説明します。

関数呼び出し入力がチャートを再び有効にする場合のステートの制御

関数呼び出し入力イベントがチャートを再び有効にする場合の、ステートの動作を制御する方法についての説明

出力イベントを使用した Simulink ブロックのアクティブ化

エッジ トリガーと関数呼び出しを出力イベントとして使用して、Simulink® ブロックをアクティブ化する方法について説明します。

イベントの定義

イベントの定義方法について説明します。

イベントのプロパティの設定

イベントのプロパティ ダイアログ ボックスについて説明します。

概念

Stateflow チャートでのイベントの動作

Stateflow チャートでのイベントの動作

未使用のイベント検出のための診断

チャート内に未使用イベントがある場合、削除可能なイベントのリストとともに、シミュレーション中に警告メッセージが表示されます。

Stateflow チャートでイベントを使用する場合のベスト プラクティス

Stateflow チャートでイベントを使用する場合のベスト プラクティスについて説明します。

この情報は役に立ちましたか?