ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow

ステート マシンとフロー チャートの使用による、判定ロジックのモデル化およびシミュレーション

Stateflow® は、ステート マシンとフロー チャートに基づいて組み合わせと順序の判定ロジックをモデル化およびシミュレーションするための環境です。Stateflow では、状態遷移図およびフロー チャートなどのグラフィカルな表現と、状態遷移表および真理値表などの表形式の表現を組み合わせて、イベント、時間ベースの条件および外部入力信号にシステムがどのように応答するかをモデル化できます。

Stateflow を利用して、監視制御、タスク スケジューリング、障害管理の各アプリケーションのロジックを設計できます。Stateflow にはステート マシンのアニメーションと、実装前に設計の一貫性と完全性をテストするための静的チェックと実行時チェックが用意されています。

Stateflow 入門

Stateflow の基礎を学ぶ

複雑なロジックの設計

階層システムの監視ロジック

チャート プログラミング

チャート作成構文、実行セマンティクス

Simulink とのインターフェイス

イベント トリガー、システム入力およびシステム出力のコンフィギュレーション

シミュレーションと検証

設計が要件を満たすかどうかをチェックする方法

コンポーネントベースのモデル化

大規模モデル向けのモジュール設計

故障検出、分離、回復

セーフティクリティカルなシステムにおける故障管理のための設計パターン

スケジューラ

特定の時間に単独または複数のシステムを実行する設計パターン