ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッグ

ステートの矛盾、データ範囲違反および遷移の競合の検出

Stateflow® で、シミュレーションを詳細にステップ実行します。状態図にブレークポイントを設定し、データ値を監視して、さまざまな関数をステップ実行することができます。

例および操作のヒント

チャートのデバッグの基本的なアプローチ

ほとんどのデバッグ作業は Stateflow エディター内のチャートから直接実行できます。

エクスターナル モードでの Stateflow チャートのアニメーション化

Stateflow ライセンスをお持ちの場合、エクスターナル モードでチャートをアニメーション化できます。

Stateflow チャートのアニメーション化

シミュレーション中に、アニメーションによって、チャートが適切に動作するかどうかを視覚的に確認できます。

チャートのデバッグのためのブレークポイントの設定

ブレークポイントを設定する際、チャートのデバッグを有効にします。

Stateflow データ値の監視

シミュレーション時に Stateflow データの値と自己アクティビティを追跡できる様々な方法を紹介します。

Stateflow ブレークポイントと監視データの管理

[Stateflow ブレークポイントと監視ウィンドウ] の [ブレークポイント] タブで、Stateflow ブレークポイントの条件として MATLAB 式を入力できます。

Stateflow エディターからのチャートの実行の制御

Stateflow エディターからのチャートの実行の制御

チャートでの実行時エラーのデバッグ

モデル例で Stateflow チャートの実行時エラーをデバッグする方法を紹介します。

シミュレーション中のデータ値の変更

チャートがデバッグ モードである場合、シミュレーション時に Stateflow データ値を変更する方法を示します。

概念

チャート内の Stateflow オブジェクトのコメント化

Stateflow オブジェクトをコメント アウトして、シミュレーションから除外する方法を説明します。

Stateflow が検出可能な一般的なモデリング エラー

Stateflow がフラグを立てる一般的なモデリング エラーについて説明する

チャートでの望ましくない再帰を避けるためのガイドライン

望ましくない再帰的動作を避けるためのガイドラインについて説明します。

この情報は役に立ちましたか?