ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラミングによるシステムのチェック

Simulink® Verification and Validation™ 製品にはプログラム可能なインターフェイスがあり、スクリプトの作成や、コマンド ラインからのモデル アドバイザーの操作を行うことができます。このインターフェイスの使用により次が可能です。

  • モデル アドバイザーを使用したチェックを 1 つ以上のシステムで実施するための、配布用スクリプトおよび関数の作成。

  • 複数のマルチコア マシン上の複数システムにおけるモデル アドバイザーの並列実行 (Parallel Computing Toolbox™ ライセンスが必要)。

  • コマンド ラインからのモデル アドバイザーの使用による 1 つ以上のシステムのチェック。

  • 後の確認用の結果のアーカイブ。

システム上で複数のチェックを実行するためのワークフローを定義するには、次の手順に従います。

  1. 実行するチェックのリストを指定します。次のいずれかを行います。

    • 実行対象のチェックのみが含まれるモデル アドバイザー構成ファイルを作成します。

    • チェック ID のリストを作成します。

  2. チェックするシステムのリストを指定します。

  3. 関数 ModelAdvisor.run を使用して、システムのリストでモデル アドバイザー チェックを実行します。

  4. 実行結果をアーカイブし、確認します。

参考

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?