ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル内の要求仕様リンクの検証

モデル アドバイザーによる要求仕様リンクのチェック

Simulink® モデル内のすべての要求仕様リンクに対して要求仕様ドキュメンテーション内に有効なターゲットがあるか確認するは、モデル アドバイザーで要求仕様の整合性のチェックを実行します。

  1. モデル例を開きます。

  2. モデル アドバイザーを開いた状態で、[解析][要求仕様のトレーサビリティ][一貫性のチェック] を選択し、整合性のチェックを実行します。

    [要件の整合性をチェック] カテゴリでは、すべてのチェックが選択されています。このチュートリアルでは、すべてのチェックが選択されたままにします。

    これらのチェックにより、モデルの要求仕様に関する次の問題を特定できます。

    整合性のチェック特定される問題
    欠落したドキュメンテーションの要求仕様リンクを特定しますモデル アドバイザーは、要求仕様ドキュメンテーションを検出できません。要求仕様ドキュメンテーションへのパスに関する問題が発生している可能性があります。
    ドキュメンテーション内の無効な位置を指定する要求仕様リンクを特定しますモデル アドバイザーで、要求仕様に指定された場所を検出できません。このチェックは次のドキュメントに対して実施されます。
    • Microsoft® Word ドキュメント

    • Microsoft Excel® ドキュメント

    • IBM® Rational® DOORS® ドキュメント

    • Simulink オブジェクト

    それらの要求ドキュメンテーションのテキストと一致しない説明フィールドをもつ選択ベースのリンクを特定しますリンクの [説明] フィールドが、要求仕様ドキュメンテーションのテキストと一致しません。選択ベースのリンクを作成すると、Requirements Management Interface (RMI) では選択されたテキストはリンクの [説明] フィールドに保存されます。このチェックは次のドキュメントに対して実施されます。
    • Microsoft Word ドキュメント

    • Microsoft Excel ドキュメント

    • IBM Rational DOORS ドキュメント

    • Simulink オブジェクト

    設定と一致しないパス形式をもつ要求リンクを特定します

    要求仕様ドキュメンテーションへのパスが、[要求仕様の設定] ダイアログ ボックスの [選択内容のリンク] タブの [ドキュメント ファイル参照] フィールドと一致しません。要求仕様ドキュメンテーションへのパスに関する問題が発生している可能性があります。

    Linux® システムでは、このチェックは [絶対パス タイプをもつ要求リンクを特定します] という名称になっています。このチェックでは、絶対パスを使用する各要求仕様リンクに対する警告がレポートされます。

    モデル アドバイザーは、リンク ターゲットがあるアプリケーションが実行中かどうか確認します。

    • モデルに Microsoft Word または Microsoft Excel ドキュメントへのリンクがある場合、整合性のチェックの実行時にこれらのアプリケーションのインスタンスをすべて閉じる必要があります。これらのアプリケーションのいずれかが開いている場合、警告が表示され、チェックは続行されません。整合性のチェックでは、保存されている要求仕様ドキュメンテーションの最新のコピーを確認しなければなりません。

    • モデルに DOORS 要求仕様へのリンクがある場合、DOORS ソフトウェアにログインしなければなりません。DOORS データベースには、対象の要求仕様があるモジュールが含まれていなければなりません。

  3. このチュートリアルでは、Microsoft Word と Microsoft Excel の両方を閉じます。

  4. [選択したチェックを実行] をクリックします。

    チェックの完了後、次のようになります。

    • チェック マークが付いた緑色の円は、2 件のチェックが合格であったことを表します。

    • 感嘆符が付いた黄色の三角形は、2 件のチェックで警告が発生したことを表します。

    右側のペインには、2 件のチェックが合格で、2 件のチェックで警告が発生したことが示されています。このペインには HTML レポートへのリンクがあります。

モデル アドバイザーを開いたままにします。次の節では、リンクの不整合の解釈と修正の方法を説明します。

モデル アドバイザーで検出された無効な要求仕様リンクの修正

モデル アドバイザーによる要求仕様リンクのチェックでは、slvnvdemo_fuelsys_officereq モデル内での 3 件の要求仕様の整合性のチェックで警告が発生しています。

警告の解決: ドキュメンテーション内の無効な位置を指定する要求仕様リンクを特定します

要求仕様ドキュメンテーション内の無効な場所にリンクしようとしていることを示す警告を修正するには、次の手順に従います。

  1. モデル アドバイザーで、[ドキュメンテーション内の無効な位置を指定する要求リンクを特定します] を選択すると、警告の説明が表示されます。

    このチェックにより、Microsoft Word 要求仕様ドキュメンテーション (slvnvdemo_FuelSys_DesignDescription.docx) に存在しない場所を指定しているリンクが特定されます。このリンク元は Terminator1 ブロックです。この例では、要求仕様の作成後に要求仕様ドキュメンテーション内のターゲットの場所が削除されています。

  2. このリンクの詳細情報を取得します。

    1. Terminator1 ブロックに移動するには、[ブロック] でハイパーリンクをクリックします。

    2. このリンクの「要求仕様のトレーサビリティ リンク エディター」を開くには、[要求仕様リンク] でハイパーリンクをクリックします。

  3. 要求仕様のトレーサビリティ リンク エディターから問題を修正するには、次のうちいずれかを行います。

    • [場所] フィールドで、要求仕様ドキュメンテーション内の有効な場所を指定します。

    • 要求仕様リンクを選択して [削除] をクリックし、リンクを削除します。

  4. モデル アドバイザーで、チェックの [要件の整合性チェック] カテゴリを選択します。

  5. [選択したチェックを実行] を再度クリックし、警告が発生しないことを確認します。

警告の解決: それらの要求ドキュメンテーションのテキストと一致しない説明フィールドをもつ選択ベースのリンクを特定します

[説明] フィールドが要求仕様ドキュメンテーションのテキストと一致しないことを示す警告を解決するには、次の手順に従います。

  1. モデル アドバイザーで、[それらの要求ドキュメンテーションのテキストと一致しない説明フィールドをもつ選択ベースのリンクを特定します] をクリックして、警告の説明を表示します。

    最初のメッセージは、モデルに含まれている Simulink_requirement_item_7 というブックマークへのリンクが、要求仕様ドキュメンテーション内に存在しないことを示しています。

    また、このチェックでは要求仕様ブロックと要求仕様ドキュメンテーションの間で次のテキストが一致しないことを示しています。

    • Test inputs Signal Builder ブロック リンクの [説明] フィールドのテキストは [Normal mode of operation] です。要求仕様のテキストは [The simulation is run with a throttle input that ramps from 10 to 20 degrees over a period of two seconds, then back to 10 degrees over the next two seconds. This cycle repeats continuously while the engine is held at a constant speed.] です。

    • MAP Estimate ブロック リンクの [説明] フィールドのテキストは [Manifold pressure failure] です。slvnvdemo_FuelSys_DesignDescription.docx の要求仕様のテキストは [Manifold pressure failure mode] です。

  2. このリンクの詳細情報を取得します。

    1. ブロックに移動するには、[ブロック] でハイパーリンクをクリックします。

    2. このリンクの「要求仕様のトレーサビリティ リンク エディター」を開くには、[現在の説明] でハイパーリンクをクリックします。

  3. この問題を解決する方法は 2 つあります。

    • モデル アドバイザーで [更新] をクリックします。この操作により、該当するリンクの [説明] フィールドが自動的に更新され、要求仕様と一致するようになります。

    • リンク エディターで、ブロックからのリンクを手作業で編集し、[説明] フィールドを選択した要求仕様テキストと一致させます。

  4. モデル アドバイザーで、チェックの [要件の整合性チェック] カテゴリを選択します。

  5. [選択したチェックを実行] を再度クリックし、警告が発生しないことを確認します。

この情報は役に立ちましたか?