ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル カバレッジ収集のワークフロー

モデル カバレッジによる効果的なテストを開発するには、次の手順に従います。

  1. モデルのテスト ケースを 1 つまたは複数開発します (「テスト ケースの作成と実行」を参照してください)。

  2. テスト ケースを実行してモデルの動作を検証します。

  3. Simulink® Verification and Validation™ ソフトウェアにより生成されたカバレッジ レポートを解析します。

  4. カバレッジ レポートの情報を使用して、カバレッジが向上するようにテスト ケースを変更するか、新しいテスト ケースを追加して現在未対応になっている領域をカバーします。

  5. テスト スイートのカバレッジが十分な値になるまで上記の手順を繰り返します。

      メモ:    Simulink Verification and Validation ソフトウェアには、モデル テストを検証するためのモデル カバレッジの例が付属しています。この例をステップ実行するには、MATLAB® コマンド プロンプトで「simcovdemo」と入力します。

この情報は役に立ちましたか?