ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

要求仕様リンクがあるモデルのコードの生成

ERT ターゲットに対して生成されたコードが要求仕様を含むよう指定するには、次の手順に従います。

  1. rtwdemo_requirements モデル例を開きます。

  2. [シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [選択] ツリーで [コード生成] ノードを選択します。

    現在構成されているシステム ターゲットは ERT ターゲットでなければなりません。

  4. [コード生成][コメント] を選択します。

  5. 右側の [カスタム コメント] セクションで、[要求のブロック コメント化] チェック ボックスを選択します。

  6. [コード生成] で、[レポート] を選択します。

  7. [レポート] ペインで、次のオプションを選択します。

    • コード生成レポートを作成

    • レポートを自動的に開く

  8. Ctrl+B キーを押してモデルをビルドします。

  9. コード生成レポートで、rtwdemo_requirements.c を開きます。

  10. Pulse Generator ブロック用のコード clock にスクロールします。そのブロックに関連付けられているコードのコメントには、そのブロックにリンクされている要求仕様へのハイパーリンクがあります。

  11. リンク [Clock period shall be consistent with chirp tolerance] をクリックして、関連付けられている要求仕様の HTML 要求仕様ドキュメンテーションを開きます。

      メモ:   コード コメントの要求仕様リンクをクリックすると、要求仕様ドキュメンテーションに対応したアプリケーションが開きます。ただし、 要求仕様ドキュメンテーションが DOORS® モジュールの場合は例外となります。DOORS 要求仕様を表示する場合は、コード コメント内のハイパーリンクをクリックする前に、DOORS ソフトウェアを起動してログインしてください。

この情報は役に立ちましたか?