ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gain ブロックと outport ブロックの対象外指定によるモデル アドバイザー解析の範囲の制限

この例では、モデル アドバイザー解析で 1 つの gain ブロックとすべての outport ブロックをモデル アドバイザー チェックから対象外指定する方法を示しています。チェックから個別にブロックを対象外指定することにより、解析の範囲を制限できます。これにより、モデルの開発や検証の時間を短縮することが可能となります。

  1. MATLAB® コマンド ラインに「sldemo_mdladvsldemo_mdladv」と入力します。

  2. モデル ウィンドウで [解析][モデル アドバイザー][モデル アドバイザー] を選択して、モデル アドバイザーを開きます。

  3. [システム セレクター — モデル アドバイザー] ダイアログ ボックスが開きます。[OK] をクリックします。

  4. モデル アドバイザー ウィンドウに [製品別] フォルダーが表示されない場合、[設定][設定...] ダイアログ ボックスで [製品別フォルダーを表示] を選択します。

  5. モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで [製品別]、[Simulink] の順に展開します。[実行後にレポートを表示] チェック ボックスをオンにすると、チェックの実行後にチェック結果の HTML レポートを確認できます。

  6. [選択したチェックを実行] ボタンをクリックして、選択したチェックを実行します。モデル アドバイザーがチェックを実行した後、HTML 形式のレポートがチェック結果をブラウザー ウィンドウに表示します。[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] チェックにより警告が発生します。

  7. モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、[製品別]、[Simulink]、[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] を選択します。

  8. モデル アドバイザー ウィンドウで [強調表示の有効化] ボタン ( ) をクリックします。

    • モデル ウィンドウが開きます。[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] のチェック警告を引き起こすブロックは黄色で強調表示されます。

    • [モデル アドバイザーの強調表示] ウィンドウが開き、モデル アドバイザー ウィンドウへのリンクが表示されます。モデル アドバイザー ウィンドウには、チェック結果と警告の状態を修正する方法についての詳細が表示されています。

  9. チェック結果を確認した後、Gain2 ブロックをすべてのモデル アドバイザー チェックから対象外指定します。

    1. モデル ウィンドウで Gain2 ブロックを右クリックし、次を選択します。[モデル アドバイザー][ブロックのみを除いて][すべてのチェック]

    2. [モデル アドバイザーの対象外指定エディター] ダイアログ ボックスの [根拠] フィールドの最初の行をダブルクリックして、「Exclude gain block」と入力します。

    3. [OK] をクリックして対象外指定ファイルを作成します。

    4. [対象外指定ファイルに名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで [保存] をクリックして、既定の名前 sldemo_mdladv_exclusions で対象外指定ファイルを作成します。

  10. チェック結果を確認した後、[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] チェックからすべての Outport ブロックを対象外指定します。

    1. モデル ウィンドウで Out4 ブロックを右クリックし、[モデル アドバイザー][タイプ Outport のすべてのブロックを除いて][チェックの選択] を選択します。

    2. [チェック セレクター] ダイアログ ボックスで下にスクロールし、[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] を選択します。[OK] をクリックします。

      また、[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] チェックからすべての Outport ブロックを対象外指定する方法として、Out4 ブロックを右クリックして [モデル アドバイザー][タイプ Outport のすべてのブロックを除いて][接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] を選択するという方法もあります。

    3. [モデル アドバイザーの対象外指定エディター] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックすると、すべての Outport ブロックも [接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] チェックから対象外指定されます。sldemo_mdladv_exclusions ファイルが更新され、Outport ブロックの対象外指定が反映されます。

  11. モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで [製品別][Simulink] を選択し、その後次の操作を行います。

    • [実行後にレポートを表示] チェック ボックスをオンにします。

    • [選択したチェックを実行] を選択して、モデル アドバイザー解析を実行します。

  12. モデル アドバイザーでの解析が完了すると、[接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] チェックの対象外指定情報を以下で確認できます。

    • HTML レポート

    • モデル アドバイザー ウィンドウ。モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、[製品別][Simulink][接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定します] を選択します。

    • モデル ウィンドウ。モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、[製品別][Simulink][接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定] を選択します。次に、[強調表示の有効化] ボタン ( ) をクリックします。

  13. sldemo_mdladv を閉じます。

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?