ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

未達成カバレッジのためのテスト ケースの生成

カバレッジ データからのテスト ケースの生成、カバレッジ データを使用したシミュレーション ベースのテスト

関数

slvnvextract Extract subsystem or subchart contents into new model

トピック

テスト ケースの作成と実行

テスト ケースを作成および実行できるように、モデル カバレッジには 2 つの MATLAB® コマンド (cvtestcvsim) があります。

cvtest によるテストの作成

テスト対象のモデルまたはモデルの一部を指定するテスト オブジェクトを最初に作成

cvsim によるテストの実行

テスト オブジェクトを実行 (シミュレーションを実行) します。このテスト オブジェクトに対する結果オブジェクトが作成されます。

結果からカバレッジの詳細を取得

シミュレーション後に特定のカバレッジ情報を取得する MATLAB コマンド

cvsave によりテスト実行結果をファイルに保存

テスト オブジェクトとその結果オブジェクトをファイルに保存します。

cvload による保存されたカバレッジ テスト結果の読み込み

テスト オブジェクトと結果オブジェクトがあるファイルを読み込み、モデル カバレッジ データのレポートを新規作成する

サブシステム解析時の既存のカバレッジ データの使用

この例では、Simulink® Design Verifier™ において、連続時間閉ループ シミュレーション内の 1 つのサブシステムを解析のターゲットとし、そのサブシステムの未達カバレッジに対してテスト ケースを生成する方法を説明します。

Creating and Executing Test Cases

This example shows how to use Simulink® Verification and Validation™ component verification functions to log input signals, create a harness model, and execute test cases.

この情報は役に立ちましたか?