ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

update

モデル内の構造変更を反映して、操作点オブジェクトを更新します。

構文

update(op)

代替方法

関数 update を使用する代わりに、Simulink® Control Design™ GUI の [モデルと同期] ボタンを使用して、操作点オブジェクトを更新することもできます。

説明

update(op) は、操作点オブジェクト op を更新して、状態の追加や削除など、関連する Simulink モデルでの変更を反映させます。

Magball モデルを開きます。

magball

次の式で、モデルに操作点オブジェクトを作成します。

op=operpoint('magball')

この構文は次を返します。

 Operating Point for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      x: 0            
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      x: 14           
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      x: 7            
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      x: 0            
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      x: 0.05         
 
Inputs: None 
----------

以下の図のように Integrator ブロックをモデルに追加します。

この新しい状態が含まれるように、操作点を更新します。

update(op)

新しい操作点が表示されます。

 Operating Point for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      x: 0            
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      x: 14           
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      x: 7            
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      x: 0            
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      x: 0.05         
(6.) magball/Integrator
      x: 0            
 
Inputs: None 
----------
この情報は役に立ちましたか?