ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーションのスナップショットまたは仕様に基づく操作点の選択

仕様から、または特定のシミュレーション時間で (シミュレーションのスナップショット) 定常状態の操作点を検索できます。

操作点の計算にどちらの方法を選択するかは、操作点に関して把握している情報によって決まります。

操作点の状態とモデルの入力または出力信号レベルをある程度把握している場合は、"最適化ベースの定常状態の操作点検索" を使用します。操作点検索に成功すると、真の定常状態の解にきわめて近い操作点が見つかります。

次のように指定すると、最適化ベースの検索で精度の高い結果が得られません。

  • 定常状態の操作点の値に、目的の定常状態の操作点からかけ離れた初期推定を指定

  • 平衡状態で適合しない入力、出力、または状態の制約を指定

    これは、最適化検索に "過度の制約を適用する" ことと同じです。

モデルが定常状態に到達するまでのシミュレーション時間が十分に短い場合は、"シミュレーションベースの方法" を使用します。このアルゴリズムでは、シミュレーションが定常状態に到達した時点で操作点の値を抽出します。また、モデルを定常状態に移行できる初期条件を指定しなければなりません。

次のように指定すると、シミュレーションベースの計算で精度の高い操作点結果が得られません。

  • モデルが定常状態に移行するのに不十分なシミュレーション時間を指定

  • モデルが真の平衡状態に到達しない初期条件を指定

    メモ:    Simulink® モデルに内部状態がある場合は、シミュレーションのスナップショットから計算した操作点でこのモデルを線形化しないでください。代わりに、シミュレーションのスナップショットを使用するか、最適化ベースの検索から取得した操作点でモデルを線形化してください。

この情報は役に立ちましたか?