ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setlinio

Simulink モデル、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに対し線形化入力/出力 (I/O) ポイントを指定

構文

oldio = setlinio('sys',io)
oldio = setlinio('blockpath',io)

代替方法

関数 setlinio の代替方法として、Simulink® モデル内でコメントされた線形化 I/O を、以下を使用して編集します。

  • 線形解析ツールの [正確な線形化] タブ。[設定] セクションで をクリックして、線形化 I/O の表示と編集を行います。[解析 I/O][モデル I/O] に設定されている場合にのみ、アイコンが表示されます。

  • [線形化の入力/出力] テーブルと、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [線形化] タブ内の[モデル内の信号をクリックして、選択します]

説明

oldio = setlinio('sys',io) は、線形化入力/出力 (I/O) オブジェクトのベクトルの設定 io を Simulink モデル sys に割り当てます。これらの設定は信号線のコメントとして表示されます。oldio には古い I/O 設定が含まれています。関数 getlinio または linio を使用して、線形化 I/O オブジェクトを作成します。MAT ファイル内のディスクに I/O オブジェクトを保存し、これらのオブジェクトをあとで使用して、モデル内の線形化設定をリストアすることができます。

oldio = setlinio('blockpath',io) は、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックの線形化 I/O として io に設定を割り当てます。blockpath はブロックの絶対パスです。

以下の例では、Simulink モデルに線形化 I/O 設定を割り当てる方法を説明します。

関数 Simulink を使用して setlinio モデルに I/O 設定を割り当てる前に、Simulink モデルで、入力ポイントまたは出力ポイントなどの線形化注釈を表す I/O オブジェクトのベクトルを作成しなければなりません。

  1. Simulink モデルを開きます。

    magball
    
  2. Magnetic Ball Plant と Controller の間の信号線を右クリックします。[線形解析ポイント][入力の摂動] を選択して、この信号線上に入力ポイントを配置します。信号線のすぐ上の、小円を指している小さな矢印が入力ポイントを表しています。この入力ポイントはブロックの出力ではなく、信号への加法的入力です。

  3. Magnetic Ball Plant の後ろの信号線を右クリックします。メニューから [線形解析ポイント][出力の測定値] を選択して、この信号線に出力ポイントを配置します。

    モデル ダイアグラムは次の図のようになります。

  4. 関数 getlinio を使用して I/O オブジェクトを作成します。

    io=getlinio('magball')
    
  5. io を変更してプラント伝達関数を計算します。オブジェクトを編集するか、関数 set を使用します。

    io(2).Type='openoutput';
    
  6. io で新しい設定をモデルに割り当てます。

    oldio=setlinio('magball',io)
    

    この割り当ては、以前の I/O 設定 (io の設定により置き換えられたもの) を返します。

    2x1 vector of Linearization IOs: 
    --------------------------
    1. Linearization input perturbation located at the following signal:
    - Block: magball/Controller
    - Port: 1
    
    2. Linearization output measurement located at the following signal:
    - Block: magball/Magnetic Ball Plant
    - Port: 1
    

モデル ダイアグラムは次の図のようになります。

Linear Analysis Plots ブロックで線形化入力/出力設定を更新します。

以下の例では、Linear Analysis Plots ブロックの線形化入力/出力設定を更新する方法を説明します。

  1. watertank モデルを開き、入力および出力 (I/O) を指定します。

    1. Desired Water Level の出力信号を右クリックし、[線形解析ポイント][入力の摂動] を選択します。

    2. Water-Tank System の出力信号を右クリックし、[線形解析ポイント][出力の測定値] を選択します。

    次の図に示すように、線形化 I/O マーカーがモデルに表示されます。

    あるいは、linio を使用できます。

  2. Simulink Control Design™ の Linear Analysis Plots ライブラリから Simulink エディターに Bode Plot ブロックをドラッグ アンド ドロップします。ブロックをドラッグ アンド ドロップすると、ブロックの I/O がモデルの I/O に設定されます。

  3. Bode Plot ブロックに使用されているすべての I/O を検索します。

    io = getlinio('watertank/Bode Plot')

    以下の結果が MATLAB® プロンプトに表示されます。

    2x1 vector of Linearization IOs: 
    --------------------------
    1. Linearization input perturbation located at the following signal:
    - Block: watertank/Desired  Water Level
    - Port: 1
    
    2. Linearization output measurement located at the following signal:
    - Block: watertank/Water-Tank System
    - Port: 1
  4. 線形化の出力を開ループとして指定します。

    io(2).Type = 'openoutput';

      メモ:   ループ開始点はモデルの I/O に影響を与えません。

  5. Bode Plot ブロックの I/O を更新します。

    oldio = setlinio('watertank/Bode Plot',io);

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?