ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プラントの線形化

以下の例では、線形解析ツールを使用して、モデルの操作点でプラントのサブシステムを線形化する方法を説明します。モデルの操作点は、モデルの初期状態値と入力信号から構成されています。

プラントがサブシステムまたはブロックの場合は、線形化 I/O ポイントを定義するのではなく、この簡単な方法を使用します。

 代替コード

  1. Simulink® モデルを開きます。

    sys = 'watertank';
    open_system(sys)
  2. Water-Tank System ブロックを線形化するために線形解析ツールを開きます。

    Simulink モデル ウィンドウで Water-Tank System ブロックを右クリックし、[線形解析][ブロックの線形化] を選択します。

    Water-Tank System ブロックが線形化用の解析 I/O として既に指定された状態で、線形解析ツールが開きます。

      ヒント:   線形解析ツールで指定した解析 I/O がブロックである場合は、[解析 I/O] ドロップダウン リストで表示オプションを選択することにより、モデル内のブロックを強調表示します。たとえば、Water-Tank System ブロックを強調表示するには [Water-Tank System を表示] を選択します。

  3. Water-Tank System ブロックを線形化し、線形化されたモデルのボード線図を生成します。

    [ボード線図] をクリックします。

    線形化されたプラントのボード線図が表示されます。

    線形化の結果である linsys1[線形解析ワークスペース] に表示されます。[線形解析ワークスペース] から [MATLAB ワークスペース]linsys1 をドラッグ アンド ドロップして、ベース ワークスペースにエクスポートし、詳細な解析を行います。

  4. Simulink モデルを閉じます。

    bdclose(sys);

この情報は役に立ちましたか?