ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

操作点探索に用いる仕様のインポートとエクスポート

線形解析ツールで操作点の仕様を修正する場合、修正後の仕様を MATLAB® ワークスペースまたは線形解析ツールのワークスペースにエクスポートできます。エクスポートされた仕様は操作点の仕様オブジェクト (「operspec」を参照) として保存されます。仕様をエクスポートすると、同一またはよく似た一連の仕様を使って複数の平衡化操作を行う際に便利です。さらに、1 回のモデルのコンパイルで複数の平衡化操作を実行するために findop コマンドを使用する場合も、対話式で編集した操作点の仕様をエクスポートできます (定常状態の操作点のバッチ計算を参照)。

また、保存されている操作点の仕様を線形解析ツールにインポートし、平衡化された操作点を対話式に計算するために使用できます。仕様をインポートすると、以前保存したモデルに似た仕様に別のモデルを平衡化するときに便利です。その場合、仕様を線形解析ツールにインポートして対話的に変更できます。その後、修正した仕様をエクスポートするか、平衡化された操作点をそこから計算できます。

操作点の仕様をインポートまたはエクスポートするには、以下を実行します。

  • 線形解析ツールの [線形解析] タブで、[操作点] ドロップダウン リストから [モデルの平衡化] を選択します。

    [モデルの平衡化] ダイアログ ボックスが開きます。

  • 保存された操作点の仕様を線形解析ワークスペースまたは MATLAB ワークスペースから読み込むには、[インポート] をクリックします。

  • 線形解析ワークスペースまたは MATLAB ワークスペースに操作点の仕様を保存するには、[エクスポート] をクリックします。

操作点の仕様の詳細は、operspec および findop のリファレンス ページを参照してください。

参考

|

関連する例

この情報は役に立ちましたか?