ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getBlockRateConversion

slTuner インターフェイスの調整ブロックのレート変換設定を取得

Simulink®systune を使用する場合、調整は、slTuner インターフェイスの Ts プロパティによって指定されたサンプリング レートで実行されます。writeBlockValue を使用して調整後のパラメーターを Simulink モデルに書き込み直すと、各調整ブロックの値は、調整に使用されたサンプル時間から Simulink ブロックのサンプル時間に自動的に変換されます。各調整ブロックに関連付けられているレート変換メソッドが、このリサンプリング処理の実行方法を指定します。ブロック変換率のクエリには getBlockRateConversion を使用し、その変更には setBlockRateConversion を使用します。

構文

  • method = getBlockRateConversion(st,blk)
  • [method,pwf] = getBlockRateConversion(st,blk)
  • [IF,DF] = getBlockRateConversion(st,blk)

説明

method = getBlockRateConversion(st,blk) は、調整ブロック blk に関連付けられているレート変換メソッドを返します。

[method,pwf] = getBlockRateConversion(st,blk) はプリワープ周波数も返します。method'tustin' でない場合、プリワープ周波数は常に 0 となります。

[IF,DF] = getBlockRateConversion(st,blk) は、blk が PID Controller ブロックである場合に、積分器項と微分フィルター項の離散化方法を返します。

すべて折りたたむ

Simulink モデル scdcascadeslTuner インターフェイスを作成します。いずれかの調整ブロックのブロック レート変換設定を調べます。

open_system('scdcascade');
st = slTuner('scdcascade',{'C1','C2'});

[IF,DF] = getBlockRateConversion(st,'C1')
IF =

Trapezoidal


DF =

Trapezoidal

C1 は PID ブロックです。したがって、そのレート変換設定は積分手法と微分フィルター手法によって表現されます。連続時間 PID ブロックでは、レート変換メソッドが既定で Trapezoidal に設定されています。この設定をオーバーライドするには、setBlockRateConversion を使用します。

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink でモデル化された制御システムを調整するためのインターフェイス。slTuner インターフェイスとして指定します。

st の調整ブロックのリストにあるブロック。文字列として指定します。ブロックの絶対パスか、st の他の調整ブロックの中から該当ブロックを一意に識別できるブロックの部分パスを指定できます。

例: blk = 'scdcascade/C1', blk = 'C1'

出力引数

すべて折りたたむ

blk に関連付けられたレート変換メソッド。以下のいずれかの文字列として返されます。

  • 'zoh' — 入力のゼロ次ホールド。

  • 'foh — 入力の線形内挿。

  • 'tustin' — 双一次 (Tustin) 近似。

  • 'matched' — 極-零点マッチング法 (SISO ブロックのみ)。

正のスカラーとして返された、Tustin メソッドのプリワープ周波数。

blk に関連付けられているレート変換メソッドが、プリワープのないゼロ次ホールドまたは Tustin の場合、pwf は 0 です。

PID Controller ブロックのレート変換に用いる積分手法とフィルター手法。それぞれが文字列 'ForwardEuler''BackwardEuler''Trapezoidal' のいずれかとして返されます。連続時間 PID ブロックでは、積分器と微分フィルターのいずれについても既定の手法は 'Trapezoidal' です。離散時間 PID ブロックでは、IFDF は Simulink ブロックでの [積分手法][フィルター手法] の設定によって決定されます。積分手法とフィルター手法についての詳細は、PID Controllerpid のリファレンス ページを参照してください。

詳細

すべて折りたたむ

調整ブロック

slTuner インターフェイスで使用される "調整ブロック" は、Simulink モデル内のブロックのうち、調整目標を満たすためにパラメーター調整を行うブロックを示します。ゲイン、伝達関数、状態空間モデルなどの線形要素を表現する Simulink ブロックは、ほとんどが調整可能です (調整がサポートされているブロックの完全なリストは、「調整された Simulink ブロックをパラメーター化する方法」を参照してください)。また、SubSystem ブロックや S-Function ブロックなど、より複雑なブロックも、等価の「調整可能な線形モデル」を指定することで調整可能です。

調整ブロックのパラメーターを調整するには、systune などの調整コマンドを使用します。

slTuner インターフェイスを作成する際に、調整ブロック (たとえば、C1C2) を指定しなければなりません。

st = slTuner('scdcascade',{'C1','C2'})

addBlock および removeBlock により、調整ブロックのリストを変更できます。

調整ブロックを対話的に操作するには、以下を使用します。

R2014a で導入

この情報は役に立ちましたか?