ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getBlockParam

slTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化を取得

構文

  • blk_param = getBlockParam(st,blk)
  • [blk_param1,...,blk_paramN] = getBlockParam(st,blk1,...,blkN)
  • [blk_param1,...,blk_paramN] = getBlockParam(st)

説明

blk_param = getBlockParam(st,blk) は、Simulink® ブロック blk の調整に使用されるパラメーター化を返します。

slTuner インターフェイスでは、調整ブロックのリストの各 Simulink ブロックに対し、自動的にパラメトリック モデルが関連付けられます。このパラメーター化により、各調整ブロックが 「Control Design ブロック」 または調整可能な genss モデルとしてモデル化されます。パラメーター化により、systunelooptune などのコマンドで調整されるパラメーターが指定されます。getBlockParam を使用して、このパラメーター化にアクセスします。

あるブロックの既定のパラメーター化をオーバーライドするには、setBlockParam を使用し、blk_param の調整パラメーター値を初期化または変更するには、setBlockValue を使用します。

[blk_param1,...,blk_paramN] = getBlockParam(st,blk1,...,blkN) は、1 つ以上のブロックのパラメーター化を返します。

[blk_param1,...,blk_paramN] = getBlockParam(st) は、st の調整ブロックすべてのパラメーター化を (st.TunedBlocks に表示される順に) 返します。

すべて折りたたむ

調整ブロックのパラメーター化の取得

Simulink モデル scdcascadeslTuner インターフェイスを作成し、いずれかの調整ブロックのブロック パラメーター化を調べます。

open_system('scdcascade');
st = slTuner('scdcascade',{'C1','C2'});

blk_param = getBlockParam(st,'C1')
blk_param =

  Parametric continuous-time PID controller "C1" with formula:

             1 
  Kp + Ki * ---
             s 

  and tunable parameters Kp, Ki.

Type "pid(blk_param)" to see the current value and "get(blk_param)" to see all properties.

ブロック C1 は PID Controller ブロックです。したがって、その st におけるパラメーター化は、ltiblock.pid (Control Design ブロック) です。

入力引数

すべて折りたたむ

st — Simulink でモデル化された制御システムを調整するためのインターフェイスslTuner インターフェイス

Simulink でモデル化された制御システムを調整するためのインターフェイス。slTuner インターフェイスとして指定します。

blk — ブロック文字列

st の調整ブロックのリストにあるブロック。文字列として指定します。

ブロックの絶対パスか、st の他の調整ブロックの中から該当ブロックを一意に識別できるブロックの部分パスを指定できます。

たとえば、blk = 'scdcascade/C1'blk = 'C1' のようにします。

出力引数

すべて折りたたむ

blk_param — 調整ブロックのパラメーター化Control Design ブロック | 一般化状態空間モデル | []

指定の調整ブロックのパラメーター化。次のいずれかで返されます。

  • 調整可能な 「Control Design ブロック」

  • 調整可能な genss モデル (setBlockParam を使用して blk に対するパラメーター化を指定した場合)。

  • 空の配列 [] (slTunerblk をパラメーター化できない場合)。そのようなブロックのパラメーター化は、setBlockParam で指定できます。

詳細

すべて折りたたむ

調整ブロック

slTuner インターフェイスで使用される "調整ブロック" は、Simulink モデル内のブロックのうち、調整目標を満たすためにパラメーター調整を行うブロックを示します。ゲイン、伝達関数、状態空間モデルなどの線形要素を表現する Simulink ブロックは、ほとんどが調整可能です (調整がサポートされているすべてのブロックのリストは、「How Tuned Simulink Blocks Are Parameterized」を参照してください)。また、SubSystem ブロックや S-Function ブロックなど、より複雑なブロックも、等価の「調整可能な線形モデル」を指定することで調整可能です。

調整ブロックのパラメーターを調整するには、systunelooptune などのコマンドを使用します。

slTuner インターフェイスの作成時に、調整ブロックを指定しなければなりません (例: C1、C2)。

st = slTuner('scdcascade',{'C1','C2'})

addBlock および removeBlock により、調整ブロックのリストを変更できます。setBlockParamgetBlockValuewriteBlockValue などのコマンドを使用して、調整ブロックを操作します。

この情報は役に立ちましたか?