ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

frestimateOptions

周波数応答推定のオプション

構文

options = frestimateOptions
options = frestimateOptions('OptionName',OptionValue)

説明

options = frestimateOptions は、既定の設定により、周波数応答推定オプション オブジェクト options を作成します。このオブジェクトを関数 frestimate に渡して、これらのオプションを周波数応答推定に使用します。

options = frestimateOptions('OptionName',OptionValue) コンマで区切った名前/値の組み合わせで指定されたオプションを使用して、周波数応答推定のオプション options オブジェクトを作成します。

入力引数

'OptionName',OptionValue

推定オプション、オプション名文字列とオプション値をコンマで区切った組み合わせとして指定

オプション名オプション値
'BlocksToHoldConstant'

周波数応答の推定中に定数を保持するための、時変ソース ブロックのパスを指定する Simulink.BlockPath の配列。周波数応答推定を妨げる可能性のある時変ソース ブロックを特定するには、関数 frest.findSources を使用します。

既定の設定:空
'UseParallel'frestimate コマンドでの推定の並列計算を可能にするには、'on' に設定します。

既定の設定: 'off'
'ParallelPathDependencies'推定するモデルの実行に必要なパスの依存関係を指定する文字列のセル配列。並列プールのすべてのワーカーは、'ParallelPathDependencies' にリストされたフォルダーにアクセスできなければなりません。

既定の設定: 空

周波数応答推定のための時変ソース ブロックを特定して無効化します。

% Open Simulink model.
mdl = 'scdspeed_ctrlloop';
open_system(mdl)

% Convert referenced subsystem to normal mode.
set_param('scdspeed_ctrlloop/Engine Model','SimulationMode','Normal');

% Get I/O points and create sinestream.
io = getlinio(mdl)
in = frest.Sinestream('Frequency',logspace(1,2,10),'NumPeriods',30,...
              'SettlingPeriods',25);

% Identify time-varying source blocks.
srcblks = frest.findSources(mdl)

% Create options set specifying blocks to hold constant
opts = frestimateOptions
opts.BlocksToHoldConstant = srcblks

% Run frestimate 
[sysest,simout] = frestimate(mdl,io,in,opts)

並列計算を有効化して、モデルのパスの依存関係を指定します。

% Copy referenced model to temporary folder.
pathToLib = scdpathdep_setup;   

% Add folder to search path.
addpath(pathToLib);

% Open Simulink model.
mdl = 'scdpathdep';
open_system(mdl);

% Get model dependency paths.
dirs = frest.findDepend(mdl)

% The resulting path is on a local drive, C:/.
% Replace C:/ with valid network path accessible to remote workers.
dirs = regexprep(dirs,'C:/','\\\\hostname\\C$\\')

% Enable parallel computing and specify the model path dependencies.
options = frestimateOptions('UseParallel','on','ParallelPathDependencies',dirs)

代替方法

パスの依存関係をもたないすべてのモデルに対して並列計算を有効化することができます。そのためには、MATLAB® 設定で [FRESTIMATE コマンド内で matlabpool を使用] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスを選択して frestimate コマンドを使用する際、周波数応答オプション オブジェクトを提供する必要はありません。

モデルにパスの依存関係がある場合は、パスの依存関係を指定する独自の周波数応答オプションのオブジェクトを作成しなければなりません。推定を開始する前に ParallelPathDependencies オプションを使用します。

この情報は役に立ちましたか?