ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

copy

操作点または操作点仕様のコピー

構文

op_point2=copy(op_point1)
op_spec2=copy(op_spec1)

説明

op_point2=copy(op_point1) op_point1 操作点オブジェクトのコピーを返します。関数 operpoint を使用して、op_point1 を作成できます。

op_spec2=copy(op_spec1) op_spec1 操作点仕様オブジェクトのコピーを返します。関数 operspec を使用して、op_spec1 を作成できます。

    メモ   op_point2=op_point1 コマンドは、op_point1 のコピーを作成するのではなく、op_point1 のポインターを作成します。この場合、op_point2 に加えた変更が op_point1 にも反映されます。

magball モデルに操作点オブジェクトを作成します。

opp=operpoint('magball')

操作点が表示されます。

 Operating Point for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      x: 0            
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      x: 14           
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      x: 7            
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      x: 0            
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      x: 0.05         
 
Inputs: None 
----------

この opp オブジェクトのコピーを作成します。

new_opp=copy(opp)    

まったく同じオブジェクトのコピーが表示されます。

Operating Point for the Model magball.
 (Time-Varying Components Evaluated at time t=0)

States: 
----------
(1.) magball/Controller/PID Controller/Filter
      x: 0            
(2.) magball/Controller/PID Controller/Integrator
      x: 14           
(3.) magball/Magnetic Ball Plant/Current
      x: 7            
(4.) magball/Magnetic Ball Plant/dhdt
      x: 0            
(5.) magball/Magnetic Ball Plant/height
      x: 0.05         
 
Inputs: None 
----------
この情報は役に立ちましたか?