ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addBlock

slTuner インターフェイスの調整ブロックのリストにブロックを追加

構文

  • addBlock(st,blk)

説明

addBlock(st,blk) は、blk によって参照されるブロックを slTuner インターフェイス st調整ブロックに追加します。

すべて折りたたむ

Simulink モデルを開きます。

mdl = 'scdcascade';
open_system(mdl);

Simulink モデル用の slTuner インターフェイスを作成し、インターフェイスの調整ブロックのリストにブロックを追加します。

st = slTuner(mdl,'C1');
addBlock(st,'C2');

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink でモデル化された制御システムを調整するためのインターフェイス。slTuner インターフェイスとして指定します。

st調整ブロックのリストに追加するブロック。以下で指定します。

  • 文字列 — ブロック パス。ブロックの絶対パスまたは部分パスを指定できます。部分パスは、絶対パスの末尾と一致し、追加するブロックを確定的に識別できるものでなければなりません。たとえば、Simulink モデル内で 1 度しか使用されていない名前をもつブロックは、ブロック名で参照できます。

    たとえば、blk = 'scdcascade/C1' とします。

  • 文字列のセル配列 — 複数のブロック パス。

    たとえば、blk = {'scdcascade/C1','scdcascade/C2'} とします。

詳細

すべて折りたたむ

調整ブロック

slTuner インターフェイスで使用される "調整ブロック" は、Simulink モデル内のブロックのうち、調整目標を満たすためにパラメーター調整を行うブロックを示します。ゲイン、伝達関数、状態空間モデルなどの線形要素を表現する Simulink ブロックは、ほとんどが調整可能です (調整がサポートされているブロックの完全なリストは、「調整された Simulink ブロックをパラメーター化する方法」を参照してください)。また、SubSystem ブロックや S-Function ブロックなど、より複雑なブロックも、等価の「調整可能な線形モデル」を指定することで調整可能です。

調整ブロックのパラメーターを調整するには、systune などの調整コマンドを使用します。

slTuner インターフェイスを作成する際に、調整ブロック (たとえば、C1C2) を指定しなければなりません。

st = slTuner('scdcascade',{'C1','C2'})

addBlock および removeBlock により、調整ブロックのリストを変更できます。

調整ブロックを対話的に操作するには、以下を使用します。

この情報は役に立ちましたか?