ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Control Design 入門

チュートリアル

状態の指定に基づいた定常状態の操作点の計算

以下の例では、既知 (固定) の平衡状態および最小状態の値を指定して、定常状態の操作点または平衡化の操作点を計算する方法を説明します。

Simulink モデルのモデル操作点での線形化

以下の例では、線形解析ツールを使用してモデルに指定された操作点でモデルを線形化する方法を説明します。

線形解析ツールを使用した周波数応答の推定

この例では、線形解析ツールを使用して Simulink® モデルの周波数応答を推定する方法を示します。

Simulink での PID コントローラーの調整

この例では、PID 調整器を使用して PID Controller ブロックを自動的に調整する方法を説明します。

自動 PID 調整およびグラフィカルなボード設計法を使用した補償器の設計

この例では、自動 PID 調整を使用して Simulink モデルの補償器を設計する方法を説明します。

Simulink Control Design および Simulink の検証ブロックを使用したモデル検証

以下の例では、Simulink Control Design™ と Simulink の検証ブロックを組み合わせて使用し、線形システム特性が次のような範囲内にあることをアサートする方法を説明します。

この情報は役に立ちましたか?