ドキュメンテーション

このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Control Design MATLAB 関数

addBlock slTuner インターフェイスの調整ブロックのリストにブロックを追加
addOpening slLinearizer または slTuner インターフェイスの開始点リストに信号を追加
addoutputspec 出力仕様を操作点の仕様に追加
addPoint slLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストに信号を追加
controlSystemTuner Open Control System Tuner
copy 操作点または操作点仕様のコピー
findop 仕様 (平衡化) またはシミュレーションからの定常状態の操作点
findopOptions 仕様から操作点を検出するオプションの設定
frest.Chirp スイープ周波数の余弦信号
frest.createFixedTsSinestream 固定サンプル時間の Sinestream 入力信号
frest.createStep ステップ入力信号
frest.findDepend モデルのパス依存関係のリスト
frest.findSources 時変ソース ブロックを特定します。
frest.Random シミュレーション用の乱数入力信号
frest.simCompare 非線形および線形モデルの時間領域シミュレーションのプロット
frest.simView 周波数応答モデルの時間領域および周波数領域でのプロット
frest.Sinestream 一連の正弦波を含む信号
frestimate Simulink モデルの周波数応答の推定
frestimateOptions 周波数応答推定のオプション
fselect 指定された周波数で sinestream 信号を抽出
generateTimeseries 入力信号の時間領域データの生成
get 線形化 I/O および操作点のプロパティ
getBlockParam slTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化を取得
getBlockRateConversion slTuner インターフェイスの調整ブロックのレート変換設定を取得
getBlockValue slTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化の現在値を取得
getCompSensitivity slLinearizer または slTuner インターフェイスを使用する、指定された点での相補感度関数
getinputstruct 操作点からの入力構造体
getIOTransfer slLinearizer または slTuner インターフェイスを使用して指定された I/O セットの伝達関数
getlinio Simulink モデル、線形解析プロットまたは Model Verification ブロックに対する線形化入力/出力 (I/O) の設定
getlinplant Simulink 図から開ループ プラント モデルを計算します。
getLoopTransfer slLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定点での開ループ伝達関数
getOpenings slLinearizer または slTuner インターフェイスの開始点のリストを取得
getPoints slLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストを取得
getSensitivity slLinearizer または slTuner インターフェイスを使用した指定された点での感度関数
getSimulationTime 周波数応答推定のシミュレーションの最終時間
getstatestruct 操作点からの状態構造体
getxu 操作点からの状態と入力
initopspec 操作点の指定値の初期化
linearize Simulink モデルまたはブロックの線形近似
linearizeOptions 線形化のオプションの設定
linio Simulink モデルの線形化の入力/出力 (I/O) ポイントの定義
linlft 指定されたブロックの影響を取り除きながら、モデルを線形化します。
linlftfold 指定されたブロックとモデルの線形化結果を組み合わせる
linoptions 線形化と操作点の検索のオプションの設定
looptune slTuner インターフェイスを使用して Simulink の MIMO フィードバック ループを調整
looptuneSetup slTuner インターフェイスを使用して looptune の調整設定を systune の調整設定として構築
loopview slTuner インターフェイスを用いて制御システムの調整結果をグラフィカルに解析
operpoint Simulink モデルで操作点オブジェクトを作成します。
operspec 操作点の仕様
refresh slLinearizer または slTuner インターフェイスを現在のモデル状態と再同期
removeAllOpenings slLinearizer または slTuner インターフェイスの永続的な開始点のリストからすべての開始点を削除
removeAllPoints slLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストからすべての点を削除
removeBlock slTuner インターフェイスの調整ブロックのリストからブロックを削除
removeOpening slLinearizer または slTuner インターフェイスの永続的なループ開始点のリストから開始点を削除
removePoint slLinearizer または slTuner インターフェイスの解析ポイントのリストから点を削除
set 線形化 I/O と操作点のプロパティを設定します。
setBlockParam slTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化を設定
setBlockRateConversion slTuner インターフェイスの調整ブロックのレート変換を設定
setBlockValue slTuner インターフェイス内の調整ブロックのパラメーター化の値を設定
setlinio Simulink モデル、Linear Analysis Plots ブロックまたは Model Verification ブロックに対し線形化入力/出力 (I/O) ポイントを指定
setxu 操作点に状態と入力を設定します。
showTunable slTuner インターフェイスの調整可能ブロックのパラメーター化の値を表示
slLinearizer Simulink モデルのバッチ線形化のインターフェイス
slTunable Simulink モデルの制御システム調整のインターフェイス
slTuner Simulink モデルの制御システム調整のインターフェイス
systune slTuner を使用して Simulink 内の制御システムのパラメーターを調整
update モデル内の構造変更を反映して、操作点オブジェクトを更新します。
writeBlockValue Simulink モデルのブロック値の更新
この情報は役に立ちましたか?