ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

結果の可視化

Scope ブロックおよび Scope ビューアーを使用するシミュレーション データの表示

Simulink ブロック

Scope and Floating Scope シミュレーション中に生成される信号を表示
XY Graph MATLAB の figure ウィンドウに信号の X-Y プロットを表示

MATLAB 関数

find 配列内の非ゼロ要素を検索します。
get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
who 最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を Simulink データ ログにリストする
model モデルをブロックとして別のモデルに含める

クラス

Simulink.SimulationData.Dataset MATLABtimeseries オブジェクトを使用するログ データのコンテナー
この情報は役に立ちましたか?