ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バリアント システム

異なる仕様をサポートするカスタム モデルのバージョンを作成して重複を避ける

Simulink® では、可変コンポーネントの有限セットをもつ共通の固定構造から構成されるモジュール設計プラットフォームに基づくモデルを作成できます。変動性は、可変コンポーネントをもつ単一の固定マスター設計の開発に役立ちます。

このアプローチによって、用途、コストまたは操作上の考慮事項により決定する多様な顧客要件を満たすことができます。

バリアントはモジュール設計プラットフォームの可変コンポーネントです。これは、単一の統合されたブロック線図で 1 つのモデルの複数の実装を指定するのに役立ちます。詳細は、バリアントとは、およびどのような場合にそれを使用するかを参照してください。

ブロック

Variant Subsystem 複数のサブシステムをもつサブシステムを表す
Variant Source バリアントの選択をサブシステムを必要としないソースとして定義
Variant Sink サブシステムを要求せずに、バリアントの選択を Sink として定義
Model Variants モデルをブロックとして別のモデルに含める

クラス

Simulink.Variant バリアント選択を制御する条件を指定
Simulink.VariantConfigurationData バリアント コンフィギュレーション データ オブジェクトを表すクラス

例および操作のヒント

バリアントとは、およびどのような場合にそれを使用するか

Simulink では、可変コンポーネントの有限セットをもつ共通の固定構造から構成されるモジュール設計プラットフォームに基づくモデルを作成できます。

バリアントの選択のアクティベーション状態

モデル内のバリアントのそれぞれの選択は、バリアント制御と呼ばれる条件式に関連付けられます。

バリアントの選択間の切り替え

モデル内のバリアントの選択は、Variant Subsystem、Variant Source、Variant Sink および Model Variant ブロックの 1 つ以上を使用して表現できます。

バリアント実装のワークフロー

概要

バリアントの定義、設定および有効化

バリアントの選択には、モデルの 2 つ以上のコンポーネントのコンフィギュレーションがあります。

バリアントを含むモデルのコード生成のための準備

MATLAB® 変数を使用すると、モデルの作成時にバリアント制御式のプロトタイプ作成を迅速に行うことができます。

単一レイヤーでのバリアント実装の可視化

Simulink では、モデル内のバリアントの選択のすべての可能な実装を可視化するために使用できる 2 つのブロックが提供されています。

バリアント ソースおよびバリアント シンクによるバリアント条件の伝播

Variant Source ブロックおよび Variant Sink ブロックを含むモデルでバリアント条件を指定すると、Simulink はこれらの条件を伝播し、シミュレーション中にアクティブになるモデルのコンポーネントを決定します。

バリアント ソースとバリアント シンクの定義と構成

Simulink では、モデル内のバリアントの選択のすべての可能な実装をグラフィカルに可視化するために使用できる 2 つのブロックが提供されています。

バリアント コンフィギュレーションを含むモデルの削減

モデルを削減するためには、Simulink Design Verifier™ ライセンスが必要です。

モデル バリアントの設定

サンプル モデル AutoMRVar を開きます。

バリアント制御の作成、エクスポートおよび再利用

制御変数を作成し、バリアント条件を定義し、制御変数をエクスポートします。

バリアント コンフィギュレーションの追加と検証

この例では、既存のバリアントのサブシステムにバリアント コンフィギュレーションを追加した後、新しいバリアント コンフィギュレーションを検証します。

バリアント コンフィギュレーションへの制御変数のインポート

この例では、バリアント コンフィギュレーションに制御変数をインポートし、コンフィギュレーションを参照サブモデルに関連付ける方法を示します。

制約の定義とバリアント コンフィギュレーションのエクスポート

この例では、バリアント コンフィギュレーションをアクティブにするために true に評価されなければならない制約を定義する方法を示します。

この情報は役に立ちましたか?