ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル編集環境

Simulink® のモデル編集環境は、ライブラリ ブラウザーと Simulink エディターの 2 つの主要なツールで構成されます。ライブラリ ブラウザーでモデルに使用するブロックを探し、Simulink エディターでブロックを追加および接続してモデルを作成します。

ライブラリ ブラウザー

ライブラリ ブラウザーは、モデルに追加するブロックを特定するために使用します。ライブラリからブロックを特定するには、左側のペインのツリー構造を使用するか、右側のペインでライブラリをダブルクリックしてライブラリを移動します。または、検索コントロールを使用してブロックを検索します。正規表現、単語単位の検索、大文字小文字を区別した検索を使用する場合は、[サブシステムおよびブロックを検索します] ボタンの矢印 を使用します。

使用するブロックが見つかったら、モデルにドラッグするかコンテキスト メニューを使用して追加できます。

独自のライブラリを作成し、オプションでライブラリ ブラウザーに表示することもできます。「カスタム ライブラリの作成」を参照してください。

    ヒント:   ツリー構造の一番下にある [最近使用したブロック] には、付属のライブラリから最近使用したブロックとライブラリが格納されます。

Simulink エディター

Simulink エディターは、モデルを作成するための直観的なツールです。ベクトル グラフィックス エディターでブロック線図の作業を行う標準的な方法に加え、ブロックの追加や接続に便利なショートカットも用意されています。さらに、データのインポート、モデルのシミュレーション、モデルのパフォーマンスの解析など、技術的な処理に必要なツールも Simulink エディターから利用できます。

次の図は、Simulink エディターでモデル例の vdp を開いたものです。

Simulink エディターでは、メニューのコマンドやツール バーのショートカットを使用して、よく使用する操作を実行したりツールを開いたりできます。ツール バーのボタンにカーソルを合わせるとツールヒントが表示されます。また、"コンテキスト メニュー" のコマンドも用意されています。コンテキスト メニューは、エディターでオブジェクトや空白領域を右クリックすると表示されます。たとえば、ブロックを右クリックすると、クリップボード操作や配置操作など、ブロックの操作に関連するコマンドがメニューに表示されます。コンテキスト メニューでしか使用できないコマンドもあります。

パレット

エディターの左側にあるパレットにも追加のショートカットが表示されます。パレットのショートカットは、モデルの表示やナビゲートなど、モデルの作成や演算以外の操作に使用します。たとえば、パレットには注釈やその他の視覚的要素 (モデルのラベルを表示するボックス型の領域など) を追加するショートカットがあります。また、モデルの特定の部分をズームするためのズーム ボタンもあります。[エクスプローラー バーの非表示/表示] ボタンをクリックすると、モデルの階層構造の移動に役立つインターフェイスが表示されます。

追加のモデル ビュー

右下隅にあるコントロールを使用するとモデルの追加のビューが開きます。これには、たとえば、モデル インターフェイスのトレースに役立つインターフェイス ビューなどがあります。コントロールをクリックするとそれらのビューが表示されます。

対話型のモデル作成

Simulink エディターでモデルを作成するときは、一般的な手法でグラフィックス オブジェクトを操作できます。それらの操作のいくつかを次に示します。

  • オブジェクトの選択 (クリック、Shift + クリック、ドラッグ選択)

  • オブジェクトのサイズ変更 (ハンドルを使用) とオブジェクトの移動 (ドラッグ)

  • クリップボード操作 (切り取り、コピー、貼り付け)

  • 元に戻す/やり直し (最大 101 操作まで)

      メモ:   ブロック パラメーターの変更を元に戻すかやり直すと、視覚的なキューが表示され、影響を受けるパラメーターの現在の値を示します。一部のパラメーターの変更は、元に戻すコマンドまたはやり直しコマンドの影響を受けません。ブロック パラメーターへの変更を元に戻すかやり直したら、キューを使用して影響を受けるパラメーターを確認します。

[ツール表示][ズーム] メニューのコマンドなど、一般的な方法を使用して、編集領域のズームやスクロールを行うことができます。サポートされているタッチ ディスプレイ プラットフォームを使用している場合は、ピンチ操作によるズームやスワイプによるスクロールが可能です。Windows® 7 または Windows 8 認定のタッチ ディスプレイを備えた Microsoft® Windows プラットフォームや、Apple Magic Trackpad 付属の Macintosh プラットフォームなどのタッチ ディスプレイ デバイスがサポートされています。

このエディターでは、それらに加えて、Simulink 独自のスクロール操作用のショートカットもサポートされています。対話型のモデル作成に使用するショートカットなどの操作については、「Simulink でのモデル化用のキーボード操作とマウス操作」にまとめてあります。チュートリアルについては、単純なモデルの作成を参照してください。

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?