ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レベル 1 データ クラスのアップグレード

Simulink® では、レベル 1 データ クラスはサポートされなくなりました。以前のリリースで削除されたレベル 1 データ クラス インフラストラクチャを使用して作成したデータ クラスはアップグレードしなければなりません。

アップグレードしたクラスの移動先のフォルダーを指定する際に、以下のユーティリティ関数を実行します。

    メモ:   Simulink.ParameterSimulink.Signal または Simulink.CustomStorageClassAttributes のサブクラスでないレベル 1 データ クラスで定義されたプロパティ タイプはアップグレード時に保持されません。PropertyType 属性および AllowedValues 属性はこれら 3 つのクラスのサブクラスでのみ保持されます。

  1. このコマンドはレベル 1 データ クラス パッケージをすべてアップグレードします。選択したデータ パッケージはアップグレードできません。

    Simulink.data.upgradeClasses('C:\MyDataClasses')
    ここで、C:\MyDataClasses はレベル 2 データ クラスの移動先のフォルダーです。

      メモ:   アップグレードしたレベル 2 のクラスは、対応するレベル 1 のクラスと同じフォルダーには入れないでください。

    Simulink.data.upgradeClasses はアップグレード用のレベル 1 クラス パッケージに packagedefn.mat ファイルを使用し、指定した移動先のフォルダーにレベル 2 クラスを作成します。次に、Simulink.data.upgradeClasses は MATLAB® パスの最上位にフォルダーを追加し、パスを保存します。

      メモ:   Simulink.data.upgradeClasses がアクセス制限のために MATLAB パスを保存できない場合、警告が表示されます。この場合、手作業で MATLAB パスの最上位にフォルダーを追加して savepath を使ってパスを保存します。

  2. レベル 2 パッケージ フォルダーの場所は、作成後に変更できます。ただし、MATLAB がこれらのパッケージ フォルダーを検出できるようにユーザーが MATLAB パスを更新する必要があります。

  3. レベル 1 データ オブジェクトが含まれる MAT ファイルおよびモデルを再保存してください。

  4. レベル 1 データ オブジェクトが含まれるすべてのモデルおよび MAT ファイルを新たに保存するまで、レベル 1 クラスは MATLAB パスに残しておいてください。レベル 1 データ オブジェクトが含まれるモデルまたは MAT ファイルは、レベル 1 データ クラスが MATLAB パス上に存在する間は引き続き正常に読み込まれます。

      メモ:   レベル 1 とレベル 2 のデータ クラスの両方を同時に使用することはできません。レベル 2 のクラスは MATLAB で見つけられるように、MATLAB パスでレベル 1 のクラスより上位に置く必要があります。

この情報は役に立ちましたか?