ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink でのモデル化用のキーボード操作とマウス操作

    メモ:   Macintosh プラットフォームの場合は、Ctrl キーの代わりに、command キーを使用します。

オブジェクトの選択とクリップボードの操作

オブジェクトには、ブロック、信号線、信号ラベル、注釈などが含まれます。

タスク操作

オブジェクトの選択

クリック

複数のオブジェクトの選択

Shift キーを押しながらクリック

すべてのオブジェクトの選択 Ctrl + A
オブジェクトのコピーマウスの右ボタンを押してドラッグ

Ctrl キーを押しながらドラッグ

信号ラベルなどのオブジェクトの移動ドラッグ
選択したオブジェクトの削除Delete または Backspace

[編集][クリア]

切り取り

Ctrl + X

貼り付け

Ctrl + V

オブジェクトの複製

Ctrl + CCtrl + V

元に戻す

Ctrl + Z

やり直し

Ctrl + Y

ブロックおよび信号線のショートカットと操作

タスク操作

選択したブロックの主なパラメーターの設定

Alt + Enter

Simulink® エディターの別のウィンドウからのブロックまたはモデルのコピー

ウィンドウ間でドラッグ

ブロックの移動

矢印キー

ブロックのサイズ変更 (幅と高さの比率を維持したまま)

Shift キーを押しながらハンドルをドラッグ

ブロックのサイズ変更 (中心から)

Ctrl キーを押しながらハンドルをドラッグ

ブロックの時計回り回転

Ctrl + R

ブロックの反時計回り回転

Ctrl + Shift + R

ブロックの反転

Ctrl + I

ブロックの結線

最初のブロックを選択し、Ctrl キーを押しながら 2 つ目のブロックをクリック

端子から端子にドラッグ

分岐線の描画

Ctrl キーを押しながら線をドラッグ

マウスの右ボタンを押してドラッグ

ブロック周囲のラインの描画

描画中に Shift キーを押しながらドラッグ

ブロックの切り離し

Shift キーを押しながらブロックをドラッグ

選択したブロックからのサブシステムの作成

Ctrl + G

選択したサブシステムを開く

Enter

選択したサブシステムの親への移動

Esc

ブロックの検索

Ctrl + F

サブシステムのマスク

Ctrl + M

ブロック マスクの下の表示

Ctrl + U

ブロックのコメント スルー

Ctrl + Shift + Y

ブロックのコメント アウト/コメント解除

Ctrl + Shift + X

Model ブロックの更新

Ctrl + K

モデル エクスプローラーを開く

Ctrl + H

信号名およびラベルの操作

信号名は信号線のラベルに表示されます。

タスク操作
信号線の名前の設定信号をダブルクリックして名前を入力
指定した信号線の分岐の名前の設定分岐をダブルクリック
信号のすべての分岐の名前の設定 信号を右クリックして [プロパティ] を選択し、ダイアログ ボックスを使用
信号のラベルおよび名前の削除ラベルで文字を削除するか [信号プロパティ] ダイアログ ボックスで名前を削除
信号ラベルのみの削除 ラベルを右クリックして [ラベルの削除] を選択
信号ラベルの編集用テキスト ボックスを開く信号線をダブルクリック

ラベルをクリック

信号ラベルの移動 ラベルを同じ信号線上の新しい位置にドラッグ
信号ラベルのコピーCtrl キーを押しながら信号ラベルをドラッグ
ラベルのフォントの変更信号線 (ラベルでない) を選択し、[ブロック線図][書式設定][フォント スタイル] を使用

シミュレーションのキーボード ショートカット

タスク操作

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開く

Ctrl + E

ブロック線図の更新

Ctrl+D

シミュレーションを開始する

Ctrl + T

シミュレーションを中止する

Ctrl + Shift + T

モデルの作成 (コード生成用)

Ctrl+B

デバッグおよびブレークポイントのキーボード ショートカット

タスク操作

ステップ

F10

ステップ イン

F11

ステップ アウト

Shift + F11

実行

F5

ブレークポイントの設定/クリア

F12

ズームおよびスクロールのショートカット

タスク操作
ズームインCtrl + +
ズーム アウトCtrl + -
標準 (100%)Ctrl + 0
マウスによるズームCtrl + スクロール ホイール

スクロール ホイールだけでズームを行う場合は、[ファイル][Simulink 設定][エディター設定][スクロール ホイールによるズーム制御] 設定を選択します。

オブジェクトのズームインパレットからオブジェクトに [ズーム] ボタン をドラッグ
ブロック線図を画面に合わせる スペースバー
表示のスクロール矢印キー

Shift + 矢印キー (大きな移動)

マウスによるスクロールスペースバーを押しながらドラッグ

スクロール ホイールを押したままマウスをドラッグ

ライブラリ ブラウザーのショートカット

タスクショートカット
モデルを開くCtrl + O
モデルからライブラリ ブラウザーを開くCtrl + Shift + L
[ブロック] ペインまたは [ライブラリ] ペインで選択を下に移動する下矢印
[ブロック] ペインまたは [ライブラリ] ペインで選択を上に移動する上矢印
[ライブラリ] ペインでノードを展開する右矢印
[ライブラリ] ペインでノードを折りたたむ左矢印
[ライブラリ] ペインを更新するF5
[ブロック] ペインで親ライブラリを表示するEsc
検索ツールで検出されたブロックをブロック ペインで選択するCtrl + R
選択したブロックを新しいモデルに挿入するCtrl + I
[ブロック] ペインの表示を拡大するCtrl + +
[ブロック] ペインの表示を縮小するCtrl + -
[ブロック] ペインのズーム レベルを既定に戻すAlt + 1
ブロックを検索するCtrl + F
閉じるCtrl + W

ファイルの操作

タスク動作

モデルを開く

Ctrl + O

モデルの作成

Ctrl + N

印刷

Ctrl + P

保存

Ctrl + S

モデルを閉じる

Ctrl + W

関連する例

この情報は役に立ちましたか?