ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パラメーター値の指定

パラメーター値について

数学パラメーターを含む多くのブロック パラメーターは、MATLAB® 式の文字列を値として受け入れます。シミュレーションの開始時やモデルの更新時などに Simulink® でモデルをコンパイルすると、Simulink はコンパイルされたパラメーター値を式の評価結果に設定します。

パラメーター式でのワークスペース変数の使用

ブロック パラメーター式には、モデルのマスクとモデル ワークスペース、および MATLAB ワークスペースに定義された変数を含めることができます。ワークスペース変数を使用することで、複数ブロック パラメーターを簡単に同じ値に更新できるようになります。つまり、1 つのワークスペース変数の値を設定することで複数のパラメーターを変更できます。詳細は、「記号の関連付け」「記号を伴う数値」を参照してください。

ワークスペース変数を使用すると、シミュレーション中にブロックのパラメーター ダイアログ ボックスを開かなくてもパラメーター値を変更することもできます。詳細は、「調整可能なパラメーター」を参照してください。

    メモ:    Simulink Coder™ のライセンスをお持ちで、モデルからコードを生成する予定の場合は、ワークスペース変数を使用して、生成されたコードのパラメーターを表す変数の名前、データ型、スコープ、ボラティリティ、調整可能性およびその他の属性を指定できます。詳細は、Simulink Coder ドキュメンテーションの「パラメーター」を参照してください。

ブロック パラメーター式での変数参照の解決

変数を含むブロック パラメーター式を評価するときに、Simulink は既定の設定でワークスペース階層を検索します。変数がワークスペースに定義されていない場合、Simulink はモデルのコンパイルを停止し、エラー メッセージを表示します。詳細は、「記号の関連付け」および「記号を伴う数値」を参照してください。

パラメーター オブジェクトによるパラメーター値の指定

パラメーター式に Simulink.Parameter オブジェクトを使用してパラメーター値を指定できます。たとえば、K2*K は両方とも有効なパラメーター式で、KSimulink.Parameter オブジェクトを参照するワークスペース変数です。Simulink は、いずれの場合もパラメーター オブジェクトの Value プロパティを K 値として使用します。

Simulink.Parameter オブジェクトの配列はブロック パラメーターとして使用できません。

詳細は、「記号の関連付け」および「記号を伴う数値」を参照してください。

パラメーター オブジェクトを使用してパラメーターを指定することにより、一部のアプリケーションのパラメーターの調整を簡素化することができます。詳細は、「パラメーター オブジェクトによりパラメーターを非インラインとして指定する」および「モデル参照のパラメーター化」を参照してください。

    メモ:    形式 p.Value の式 (p はブロック パラメーター式内のパラメーター オブジェクト) を使用しないでください。このような式を使用すると、Simulink のモデルのコンパイル時に評価エラーが発生します。

数値変数の Simulink.Parameter オブジェクトへの変換

次のようにして、数値変数を Simulink.Parameter オブジェクトに変換できます。

myVar = 5; /* Define numerical variable in base workspace
myObject = Simulink.Parameter; /* Create data object
myObject.Value = myVar; /* Assign variable value to data object value

パラメーターのデータ型の判定

Simulink のモデルのコンパイル時に、モデルの各ブロックは、MATLAB パラメーター式により指定されたパラメーター値を保存するためのデータ型を判定します。

ほとんどのブロックは、内部ルールを使用して特定パラメーターに割り当てられるデータ型を判定します。この場合の例外は Gain ブロックです。このブロックのパラメーター ダイアログ ボックスには、Gain パラメーターのコンパイル値に割り当てられるデータ型を指定できます。モデルは、パラメーターに割り当てられたデータ型がモデルにより指定されたパラメーター値に対応できるかどうかをチェックするように構成できます (「データ有効性の診断の概要」を参照)。

パラメーター情報の取得

get_param を使用して、モデルのシステム パラメーター値とブロック パラメーター値を検索できます。get_param が受け入れる引数については、「モデル パラメーター」「共通のブロック プロパティ」を参照してください。

一部のパラメーターを適切にレポートするには、その前にモデルの信号属性とパラメーター式を評価しておかなければなりません。この評価は、シミュレーションのコンパイル段階で行われます。あるいは、モデルを最初に実行することなくコンパイルしてから、パラメーター情報を取得することができます。たとえば、モデルのブロックの端子幅、データ型、次元にアクセスするには、コマンド プロンプトで次を入力します。

modelname([],[],[],’compile’) 
q=get_param(gcb,’PortHandles’); 
get_param(q.Inport,’CompiledPortDataType’) 
get_param(q.Inport,’CompiledPortWidth’) 
get_param(q.Inport,’CompiledPortDimensions’)
modelname([],[],[],’term’)
この情報は役に立ちましたか?