ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル バージョンの管理

Simulink によるモデルのバージョン管理方法

Simulink® には、モデルの複数のバージョンを管理するのに役立つ次のような機能があります。

  • Simulink プロジェクトは、プロジェクト ファイルの管理、ソース管理への接続、修正ファイルの確認およびリビジョンの比較に使用します。「プロジェクト管理 」を参照してください。

  • モデル ファイルの変更通知を使用すると、ソース管理操作と複数のユーザーを管理できます。「モデル ファイルの変更通知」を参照してください。

  • モデルを編集すると、Simulink は、バージョン番号、モデルの作成者や最終変更者、オプションのコメント履歴ログなど、モデルに関するバージョン情報を生成します。Simulink は、これらのバージョン プロパティを自動的にモデルに保存します。

    • [モデル プロパティ] ダイアログ ボックスを使用すると、モデルに格納されたバージョン情報のいくつかを表示および編集したり、履歴ログを指定することができます。

    • Model Info ブロックを使用すると、バージョン情報を注釈ブロックとしてモデル ダイアグラムに表示できます。

    • Simulink バージョン パラメーターには、MATLAB® コマンド ラインや MATLAB スクリプトからアクセスできます。

  • ブロック線図をメモリに読み込まずにモデル ファイルから情報を取得する方法は、Simulink.MDLInfoを参照してください。MDLInfo を使用すると、モデル バージョンおよび Simulink バージョンをクエリしたり、モデルをメモリに読み込まずに参照モデルの名前を確認したり、任意のメタデータをモデル ファイルに付加することができます。

モデル ファイルの変更通知

[Simulink 設定] ウィンドウを使用すると、モデルを更新、シミュレーション、編集、または保存したときに、ディスク上でモデルが変更されたことを通知するかどうかを指定できます。たとえば、これは、ソース管理操作と複数のユーザーで起こる可能性があります。

    メモ:    モデルが読み込まれた後にディスクで変更されたかどうかをプログラムで確認するには、関数 slIsFileChangedOnDisk を使用します。

[Simulink 設定] ウィンドウにアクセスするには、次のいずれかの方法を使用します。

  • Simulink エディターで、[ファイル][Simulink 環境設定] を選択します。

  • MATLAB ツールストリップから、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定][Simulink] を選択します。Simulink ペインで [Simulink 設定を起動] ボタンをクリックします。

[モデル ファイルの変更通知] オプションは、右ペインにあります。次のような 3 つの独立したオプションを使用できます。

  • [モデルの更新中またはシミュレーション中] チェック ボックスをオンにすると、次のような [アクション] リストからの通知の形式を選択できます。

    • 警告 — MATLAB コマンド ウィンドウ内に通知します。

    • エラー — コマンド ラインからシミュレーションを行う場合は、MATLAB コマンド ウィンドウに、メニュー項目からシミュレーションを行う場合は、[シミュレーション診断] ウィンドウに通知します。

    • モデルの再読み込み (変更されなかった場合) — モデルが変更された場合は、プロンプト ダイアログを確認します。変更されなかった場合、モデルは再度読み込まれます。

    • プロンプト ダイアログを表示 — ダイアログにあり、変更を閉じて再度読み込むか、無視するのに選択できます。

  • [モデル編集開始時] チェック ボックスをオンにし、ディスク上のファイルが変更されている場合、ブロック線図は Simulink で変更されません。

    • ブロック線図を変更するようなコマンド ライン操作 (set_param の呼び出しなど) を行うと、次の警告が発生します。

      警告:ブロック線図「mymodel」の編集中ですが、読み込み後にディスク上のファイルが変更されました。ブロック線図を閉じて再度読み込む必要があります。

    • ブロック線図を変更するグラフィカルな操作 (ブロックの追加など) を行うと、警告ダイアログが表示されます。

  • [モデルを保存中] チェック ボックスをオンにすると、ディスク上のファイルが次のように変更されます。

    • 関数 save_system によってエラーが表示されます。ただし、OverwriteIfChangedOnDisk オプションを使用した場合は除きます。

    • メニュー ([ファイル][保存]) またはキーボード ショートカットを使用してモデルを保存すると、ダイアログが表示されます。ダイアログでは、操作の上書き、新しい名前での保存、またはキャンセルを行うことができます。

ソース管理および複数のユーザーとの作業を支援するオプションの詳細は、「プロジェクト管理 」を参照してください。

現在のユーザーの指定

モデルを作成または更新すると、バージョン管理の目的でユーザー名が記録されます。Simulink では、環境変数 USERUSERNAMELOGINLOGNAME のうち、少なくとも 1 つを使用してユーザー名が指定されていると仮定します。これらのどの変数も定義されていない場合、Simulink では、モデルのユーザー名を更新しません。

UNIX® システムは、USER 環境変数を定義し、その値をシステムへの記録に使用する名前に設定します。したがって、UNIX システムを使用する場合、現在のユーザーとしてユーザーを確認するために Simulink では特に何も設定する必要はありません。

一方、Windows® システムでは、システムにインストールされている Windows のバージョンとスタンドアロンで動作しているかネットワークに接続されているかによって、Simulink が必要とする "ユーザー名" の環境変数をいくつか指定するか、何も指定しないかが決まります。MATLAB コマンド getenv を使用して、環境変数のどれかが定義されているかどうかを確認することができます。たとえば、次のコマンド

getenv('user')

を MATLAB コマンド ラインで入力すると、USER 環境変数が、ご使用の Windows システムで定義されているかどうかを判断できます。定義されていない場合、ユーザー自身が設定しなければなりません。

Windows では、USER 環境変数を設定します (定義されていない場合)。

モデル プロパティの管理

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスを使用すると、モデル情報 (いくつかのバージョン パラメーターを含む)、コールバック関数、履歴およびモデルの説明について、表示と編集ができます。ダイアログ ボックスを開くには、以下の手順に従います。

  • モデルで、[ファイル][モデル プロパティ] を選択します。

  • ライブラリで、[ファイル][ライブラリ プロパティ] を選択します。

    ライブラリ プロパティには追加のタブである [転送テーブル] があり、ここで古いライブラリ ブロックから新しいライブラリ ブロックへのマッピングを指定できます。[転送テーブル] の使用の詳細は、「ライブラリに対する下位互換性のある変更」を参照してください。

[モデル プロパティ] と [ライブラリ プロパティ] には、どちらにも、[メイン モデル情報]、[コールバック]、[履歴] および [説明] というタブがあります。共有タブにあるコントロールはこのページの次に説明があります。

このダイアログ ボックスには、次のペインがあります。

モデル情報の表示

[メイン] ペインでは、モデルが変更されているかどうか、モデルのバージョン、最後に保存した日付など、このモデルの現在のバージョンについての情報がまとめられています。この情報のいくつかは [履歴] タブで編集できます。「モデル情報と履歴の表示と編集」を参照してください。

コールバックの指定

[コールバック] ペインを使用すると、モデルのシミュレーションの特定ポイントで呼び出す関数を指定できます。

左側でコールバックを選択します。右側で、選択したコールバックに対して呼び出したい関数の名前を入力します。このペインにリストされているコールバック関数の詳細は、「モデルのコールバックの作成」を参照してください。

モデル情報と履歴の表示と編集

[履歴] ペインを使用すると、モデル情報の表示と編集、下側の [モデル履歴] フィールドにあるこのモデルの変更履歴の有効化、表示および編集ができます。履歴コントロールを使用するには、「コメント履歴の記録」を参照してください。

モデル情報の表示-  [読み取り専用] チェック ボックスがオンになっていると、グレー表示になっている以下のフィールドは、表示はできますが、編集はできません。

  • 作成者

    モデルを作成したユーザーの名前。Simulink は、モデルの作成時に、プロパティを USER 環境変数の値に設定します。

  • 作成日

    このモデルの作成日と時刻。

  • 最終編集者

    モデルを最後に保存したユーザーの名前。Simulink は、モデルの保存時に、このパラメーターの値を USER 環境変数の値に設定します。

  • 最終更新日

    このモデルが最後に保存された日付。Simulink は、このパラメーターの値を、ユーザーがモデルを保存したときのシステムの日付と時刻に設定します。

  • モデル バージョン

    このモデルのバージョン番号。

モデル情報の編集-  モデル情報を編集するには、[読み取り専用] チェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスがオフになっている場合は、ダイアログ ボックスの次のフィールドに書式文字列または値が表示されます。説明したように、[作成日] フィールド以外のすべてのフィールドを編集することができます。

  • 作成者

    モデルを作成したユーザーの名前。Simulink は、モデルの作成時に、プロパティを USER 環境変数の値に設定します。名前を変更するには、このフィールドを編集します。

  • 作成日

    このモデルの作成日と時刻。このフィールドは編集しないでください。

  • [最終編集者]

    [履歴] ペインの [最終編集者] の値、履歴ログおよび Model Info ブロックの [編集者] 項目の表示用の書式を記述する書式文字列を入力します。このフィールドの値は任意の文字列になります。この文字列にはタグ %<Auto> を含めることができます。Simulink では、USER 環境変数の現在の値にこのタグが置き換えられます。

  • 最終更新日

    [履歴] ペインの [最終更新日] の値、履歴ログおよび Model Info ブロックの ModifiedOn 項目の表示用の書式を記述する書式文字列を入力します。このフィールドの値は任意の文字列になります。文字列には、タグ %<Auto> を含めることができます。Simulink では、現在の日時にこのタグが置き換えられます。

  • モデル バージョン

    [モデル プロパティ] ペインと Model Info ブロックでモデルのバージョン番号の表示用の書式を記述する書式文字列を入力します。このパラメーターの値は任意のテキスト文字列になります。このテキスト文字列には %<AutoIncrement:#> というタグを含めることができます。ここで、# は整数です。Simulink は、モデルのバージョン番号を表示するときにこのタグを整数に置き換えます。たとえば、

    1.%<AutoIncrement:2>
    

    は、次のようなタグを表示します。

    1.2
    

    Simulink では、モデルを保存するときに # を 1 つ増やします。たとえば、モデルを保存するとき、

    1.%<AutoIncrement:2>
    

    は、以下のようになります。

    1.%<AutoIncrement:3>
    

    モデルのバージョン番号は、1.3 として表示されます。

モデル説明の表示と編集

[説明] ペインを使用すると、モデルの説明を入力することができます。MATLAB プロンプトで help に続けてモデル名を入力すると、モデルの説明を表示できます。[モデルの説明] フィールドの内容がコマンド ウィンドウに表示されます。

コメント履歴の記録

モデルの更新に関する記録を作成し、モデル自身に記録することができます。Simulink は、複数のユーザーがモデルの更新を保存するときに入力したコメントから自動的に履歴をまとめます。ラベルやコメントをモデルおよび報告により柔軟に追加するには、代わりに「プロジェクト管理 」を参照してください。

更新の記録

変更履歴を開始するには、以下の手順を実行します。

  1. [ファイル][モデル プロパティ] を選択します。

  2. [モデル プロパティ] ダイアログ ボックスで [履歴] タブを選択します。

  3. [モデル履歴の更新でダイアログを表示] リストで、[モデル保存時] を選択して、[OK] をクリックします。

次にモデルを保存するときには、[モデル履歴にコメントを追加] ダイアログ ボックスでコメントを入力するように要求されます。

たとえば、前回モデルを保存した後でそのモデルに加えた変更を説明できます。モデルの変更履歴に項目を追加するには、[コメント] 編集フィールドに項目を入力し、[保存] をクリックします。情報は、モデルの変更履歴ログに格納されます。

このセッションに関する項目を入力しない場合は、[モデル履歴にコメントを追加] チェック ボックスをオフにします。

変更ログを中止するには、以下のいずれかの手順を実行します。

  • [モデル履歴にコメントを追加] ダイアログ ボックスで、[このモデルの保存時にモデル履歴の更新を常に要求] チェック ボックスをオフにします。

  • [モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [履歴] ペインにある [モデル履歴の更新でダイアログを表示] リストから [行わない] を選択します。

モデル履歴ログの表示と編集

[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスでは [履歴] タブでモデル履歴を表示と編集ができます。

モデル履歴のテキスト フィールドには、スクロール可能なテキスト フィールドにモデルの履歴が表示されます。モデルの履歴を変更するには、このフィールドの内容を編集します。

バージョン情報プロパティ

一部のバージョン情報は、モデル パラメーターとしてモデルに保存されます。この情報には、Simulink の get_param コマンドを使用して、MATLAB コマンド ラインまたは MATLAB スクリプトからアクセスできます。

次の表では、Simulink がバージョン情報を保存するのに使用するモデル パラメーターについて説明します。

プロパティ説明

Created

作成した日付。

Creator

モデルを作成したユーザーの名前。

Description

ユーザーが入力したこのモデルの説明。[モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [説明] タブに説明を入力するか、既にある説明を編集します。次のように

help 'mymodelname' 

と MATLAB コマンド ラインで入力するとモデルの説明を表示できます。

LastModifiedBy

モデルを最後に保存したユーザーの名前。

LastModifiedDate

モデルが最後に保存された日付。

ModifiedBy

このモデルを最後に変更したユーザーのユーザー名の現在値。保存する際に、この情報は LastModifiedBy としてファイルに保存されます。

ModifiedByFormat

ModifiedBy パラメーターの書式。値は文字列です。文字列には、タグ %<Auto> を含めることができます。Simulink では、USER 環境変数の現在の値にこのタグが置き換えられます。

ModifiedDateFormat

ModifiedDate パラメーターの書式。値は文字列です。文字列には、タグ %<Auto> を含めることができます。Simulink は、モデルの保存時に、タグを現在の日付と時刻で置き換えます。

ModifiedComment

このモデルを最後に更新したユーザーが入力したコメント。

ModifiedHistory

このモデルの更新の履歴。

ModelVersion

バージョン番号。

ModelVersionFormat

モデルのバージョン番号の書式。この値は文字列です。文字列には、タグ %<AutoIncrement:#> を含めることができます。ここで、# は整数です。Simulink は、バージョン番号を表示するときにタグを # で置き換えます。モデルを保存するときに # が増えます

LibraryVersion はリンクしたブロックのブロック パラメーターです。LibraryVersion はリンクが作成された時点のライブラリの ModelVersion です。

ソース管理バージョンの情報は、代わりに「プロジェクト管理 」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?