ドキュメンテーション

目次

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

Arduino ハードウェアのサポートのインストール

この例では、Simulink® 製品に Arduino® ハードウェアのサポートを追加する方法を説明します。この処理が完了すると、Simulink モデルを Arduino ハードウェア上で実行できるようになります。

Arduino ハードウェアのサポートは次のようにインストールします。

  1. MATLAB コマンド ウィンドウに supportPackageInstaller と入力します。これでサポート パッケージ インストーラーが起動します。

  2. サポート パッケージ インストーラーから指示される手順と既定の設定値に従って、インストールを完了します。特定の画面のオプションに関する詳細は、[ヘルプ] ボタンをクリックしてください。

このインストール プロセスでは、ホスト コンピューターに以下の項目が追加されます。

  • サードパーティ ソフトウェア開発ツール (Arduino ソフトウェアなど)

  • Arduino のセンサー、アクチュエータおよび通信インターフェイスの設定およびアクセス用 Simulink ブロック ライブラリ

  • 使用開始時および特定機能学習時の例

更新を確認するには、新しいバージョンの MATLAB® ソフトウェアのリリース時にこの処理を繰り返します。また、リリース間の更新を確認することもできます。

この情報は役に立ちましたか?