ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

状態安定点を見つける

Simulink®trim 関数はモデルを使用して、指定した入力、出力、および状態を満たす動的システムの状態安定点を決定します。たとえば、ex_lmod というモデルを考えてみます。

関数 trim は、両方の出力を 1 に設定する入力と状態の値を見つけるために使用できます。最初に、状態変数 (x) と入力値 (u) を推定してから、出力 (y) の希望値を設定します。

x = [0; 0; 0];
u = 0;
y = [1; 1];

インデックス変数を使用して、どの変数が固定で、どの変数が可変であるかを示します。

ix = [];      % Don't fix any of the states
iu = [];      % Don't fix the input
iy = [1;2];   % Fix both output 1 and output 2

trim を呼び出すと、解が返されます。四捨五入の誤差のため、異なる結果になる場合もあります。

[x,u,y,dx] = trim('lmod',x,u,y,ix,iu,iy)

x =
   0.0000
   1.0000
   1.0000
u =
   2
y =
   1.0000
   1.0000
dx =
   1.0e-015 *
    -0.2220
    -0.0227
     0.3331

平衡点の問題の解はないことに注意してください。その場合は、trim はまず導関数をゼロに設定しようとしてから、望ましい結果との最大偏差が最小になるような解を返します。trim の構文については、「trim」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?