ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データのエクスポート

シミュレーション データ

シミュレーション データには、信号、時間、出力、状態、およびデータ ストア ログ データのあらゆる組み合わせを含めることができます。

シミュレーション データのエクスポートには、信号値を後で取得および処理するために、シミュレーション中に MATLAB® ワークスペースに保存することも含まれます。データのエクスポートは、"データのログ" または "シミュレーション データの保存" としても知られています。

エクスポートされたデータをインポートして、モデルをシミュレーションするための入力として使用することもできます。

信号データをエクスポートする方法

シミュレーション データのエクスポートには、信号データのエクスポートが含まれる場合がよくあります。さまざまな方法を使用して、信号データをエクスポートできます。

エクスポート方法使用方法ドキュメンテーション

信号を Scope ブロックまたはビューアーに接続する

シミュレーション中に Scope ブロックで結果を表示する場合、データのエクスポートにも Scope ブロックを使用することを検討します。

信号データの保存に使用するワークスペース変数をブロック線図内で文書化します。

基本サンプルレート以外のサンプルレートで出力を保存します。

Scope がデータを格納し、メモリを大量に使用する場合があります。

Scope

信号を To File ブロックに接続する

データを大量にエクスポートする場合は To File ブロックの使用を検討します。

信号データの保存に使用するワークスペース変数をブロック線図内で文書化します。

基本サンプルレート以外のサンプルレートで出力を保存します。

シミュレーションが完了した後、MAT ファイルのみ使用します。

To File

信号を To Workspace ブロックに接続する

信号データの保存に使用するワークスペース変数をブロック線図内で文書化します。

基本サンプルレート以外のサンプルレートで出力を保存します。

To Workspace

信号をルートレベルの Outport ブロックに接続する

Outport ブロックが既にモデルに含まれている場合、最上位モデルにおけるデータの記録にこのアプローチの使用を検討します。

Outport

信号の信号記録プロパティを設定する

信号記録を使用して、ブロックが追加されないようにします。

個別の信号レートに基づいて信号のログを記録します。

データを使用できるのは、シミュレーションの一時停止または完了時のみです。

信号ログを使用して、バス信号の配列のログ作成を行います。

信号ログを使用して、信号データをエクスポート

Simulink® を時間、状態および出力データをエクスポートするように設定する

シミュレーションの情報全体を取得するため、このデータのエクスポートを検討します。

出力および状態は、モデルの基本サンプルレートでログが記録されます。

エクスポートされたシミュレーション データのデータ形式

エクスポートされるデータ量の制限

可変ステップ ソルバーのためにエクスポートするサンプル

データ ストア ログを記録する

モデルの階層全体でデータを共有するためにデータ ストアのログを記録し、すべてのデータ ストア書き込みの順序を取得します。

「データ ストアのログ記録」

sim コマンドを使用して、シミュレーション データ ログをプログラムにより記録する

sim を使用して、1 つのデータ オブジェクトに時間、状態および信号シミュレーション データをエクスポートします。

関数または parfor ループ内で sim コマンドを使用してモデルをシミュレーションする際は、[1 つのオブジェクトとして出力] パラメーターを選択します。

sim

シミュレーション データ エクスポートを有効にする

モデルのシミュレーション中にモデルの状態とルートレベルの出力を MATLAB ベース ワークスペースにエクスポートするには、次のいずれかのインターフェイスを使用します。

どちらの方法でも以下を指定します。

シミュレーション データ インスペクターでシミュレーション データのログを表示

エクスポートされたシミュレーション データを対話形式で調査するには、「シミュレーション データ インスペクター」 ツールの使用を検討します。

シミュレーション データ インスペクターには、表示するログ データの種類にいくつかの制限があります。「シミュレーション データ インスペクターの制限」を参照してください。

メモリ パフォーマンス

シミュレーション データのエクスポート時に、Simulink は以下の状況でメモリ使用量を最適化します。

  • タイム ステップが通常の間隔で発生する場合、Simulink は圧縮された時間表現を使用します。Simulink は最初のタイム スタンプの値、間隔の長さ (タイム ステップ) およびタイム スタンプの合計数を保存します。

  • 同じシーケンスのタイム スタンプを使用する複数の信号では、保存された単一のタイム スタンプ シーケンスが共有されます。この効果により、ログ データ用のメモリ使用量が 1/2 程度に削減されます。このメモリ パフォーマンスが重要なパフォーマンス係数になる例として、バス要素の数が数千単位のバス信号のログを作成する場合が挙げられます。

この情報は役に立ちましたか?