ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Prelookup ブロックと Interpolation ブロック

Prelookup ブロックと Interpolation Using Prelookup ブロックを使用する利点を次の例で説明します。

アクション利点

インデックス検索を使用して入力をテーブル データに関連付けて、出力を計算する内挿および外挿段階に進む

インデックス検索結果を再利用して複数のテーブルのデータを検索できるため、シミュレーション時間を短縮できる

モデルを開くには、sldemo_bpchecksldemo_bpcheck をクリックします。モデルの動作の詳細は、この説明説明を参照してください。

ブレークポイントとテーブル データ型を明示的に設定する

以下を保存するのに必要なメモリが少なくて済む

  • 入力信号よりも小さいデータ型を使用するブレークポイント データ

  • 出力信号よりも小さいデータ型を使用するテーブル データ

モデルを開くには、sldemo_interp_memorysldemo_interp_memory をクリックします。モデルの動作の詳細は、この説明説明を参照してください。

以下の共有が簡単になる

  • Prelookup ブロック間のブレークポイント データ

  • Interpolation Using Prelookup ブロック間のテーブル データ

モデルを開くには、fxpdemo_lookup_shared_paramfxpdemo_lookup_shared_param をクリックします。モデルの動作の詳細は、この説明説明を参照してください。

生成したコードでユーティリティ関数の再利用を可能にする

モデルを開くには、fxpdemo_prelookup_utilfcnfxpdemo_prelookup_utilfcn をクリックします。モデルの動作の詳細は、この説明説明を参照してください。

中間結果のデータ型を明示的に設定する

内部計算に対してテーブル データや出力データよりも高い精度を使用できる

モデルを開くには、fxpdemo_interp_precisionfxpdemo_interp_precision をクリックします。モデルの動作の詳細は、この説明説明を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?