ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

平衡化と線形化

定常点の検出、操作点付近でのシステムの線形モデルの抽出

Simulink® では基本的な平衡化関数と線形化関数のみが提供されています。完全な平衡化と線形化の機能については、Simulink Control Design™ ソフトウェアを使用してください。

関数

trim 動的システムの平衡点の検出
dlinmod 離散時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmod 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmod2 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
linmodv5 連続時間線形状態空間モデルを操作点の周りで抽出
Simulink.BlockDiagram.getInitialState ブロック線図の初期状態構造体を返す

ブロック

Timed-Based Linearization ベース ワークスペースで特定の時間に線形モデルを生成
Trigger-Based Linearization トリガーされたときにベース ワークスペースで線形モデルを発生

例および操作のヒント

参照先モデルの線形化

Model ブロックが含まれた Simulink 環境から線形モデルを抽出するには、linmod を使用します。

'v5' アルゴリズムを使用した線形化

'v5' 引数を使用して linmod コマンドを呼び出すと、MATLAB® ソフトウェア Version 5.3 より前に作成された摂動アルゴリズムが起動します。

状態安定点を見つける

Simulink の trim コマンドを使用して Simulink モデルが表すシステムの状態安定点を求める方法

概念

モデルの線形化について

Simulink 製品は、関数 linmodlinmod2、および dlinmod を提供して、状態空間行列 "A""B""C"、および "D" 型の線形モデルを抽出します。

この情報は役に立ちましたか?