ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

whos

最上位のデータ ログ オブジェクトの名前と型を SimulinkModelDataLogs データ ログにリストする

構文

log.whos
tsarray.whos
log.whos('systems')
log.whos('all')

説明

    メモ:   最上位のデータ ログ オブジェクトの名前を Dataset 形式でリストするには、Simulink.SimulationData.Dataset.find を使用します。

    ModelDataLogs クラスは、下位互換のためにサポートされています。R2016a 以降は、データを [ModelDataLogs] 形式で記録することはできません。信号ログでは、[Dataset] 形式が使用されます。R2016a 以降では、ModelDataLogs 形式を使用していた前のリリースのモデルを開くと、そのモデルが Dataset 形式を使用するようにシミュレートされます。

    ModelDataLogs の信号ログ データは Dataset 形式に変換できます。Dataset 形式に変換すると、同様に Dataset 形式を使用できる他の記録されたデータ (記録された状態など) との事後処理が容易になります。詳細は、「Dataset 形式へのログ データの変換」を参照してください。

    ModelDataLogs API を使用するレガシ コードがある場合、コードまたはモデルに対する更新が必要な状況が生じる可能性があります。「ModelDataLogs API を使用するスクリプトの移行」を参照してください。

log.whos または whos(log) は、log に含まれる最上位の信号ログ処理オブジェクトの名前と型をリストします。ここで、logSimulink.ModelDataLogs オブジェクト名のハンドルです。

tsarray.whos または whos(tsarray) は、tsarray という名前の Simulink.TsArray オブジェクトに含まれている Simulink.TimeSeries オブジェクトの名前と型をリストします。

log.whos('systems') または whos(log, 'systems') は、log に含まれている Simulink.TsArray オブジェクトに格納されている Simulink.Timeseries オブジェクトを除く、log に含まれているすべての信号ログ処理オブジェクトの名前と型をリストします。

log.whos('all') または whos(log, 'all') は、log という名前の Simulink.ModelDataLogsSimulink.TsArray または Simulink.SubsysDataLogs オブジェクトに含まれるすべての Simulink.Timeseries オブジェクトの名前と型をリストします。

whos のその他の使用法については、MATLAB® コマンド ウィンドウで help whos を実行してください。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?