ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

view_mdlrefs

モデル参照の依存関係を表示

構文

view_mdlrefs('modelName')

説明

view_mdlrefs('modelName') は、モデル依存関係ビューアーを開き、modelName で指定されたモデルのモデル参照の依存関係のグラフを表示します。グラフ内のノードは Simulink® モデルを示します。方向をもつラインは、モデルの依存関係を示します。

既定の設定ではライブラリ ブロックは表示しません。同じ表示は、modelName を開き、[モデル] メニューから [解析]、[モデルの依存関係]、[モデル依存関係ビューアー]、[モデルのみ] を選択することによって見ることができます。他の依存関係を表示するには、[解析]、[モデルの依存関係]、[モデル依存関係ビューアー] を利用します。

モデル依存関係ビューアーは、view_mdlrefs('modelName') と入力して起動するか、Simulink GUI から起動するかにかかわらず、同じツールであり同じオプションがあります。モデル依存関係ビューアーの使用例を見るには、MATLAB® のコマンド ウィンドウで sldemo_mdlref_depgraph と入力します。

参考

|

チュートリアル

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?