ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Vector Concatenate、Matrix Concatenate

同じデータ型をもつ入力信号を連結して連続した出力信号を作成

ライブラリ

Math Operations、Signal Routing

説明

Concatenate ブロックは、入力において信号を連結し、出力信号を生成します。この出力信号の要素は、メモリの連続した位置にあります。

    ヒント:   Concatenate ブロックは、非バーチャルな出力信号を作成するときに便利です。ただし、関数呼び出しのベクトルを作成する場合は、Mux ブロックを使用します。

Concatenate ブロックを使用すると、バスの配列を定義できます。バスの配列の定義の詳細は、「バス配列へのバスの統合」を参照してください。

Concatenate ブロックは、[モード] パラメーターの設定により、ベクトルまたは多次元配列の連結モードで機能します。いずれの場合も、ブロックは、入力端子の入力を上から下、または左から右へ連結します。

ベクトル モード

ベクトル モードでは、すべての入力信号は、行ベクトル [1xM 行列]、列ベクトル [Mx1 行列]、あるいは、ベクトルと行または列ベクトルの組み合わせでなければなりません。すべての入力がベクトルの場合、出力はベクトルです。

入力のいずれかが行ベクトルまたは列ベクトルである場合、出力はそれぞれ行ベクトルまたは列ベクトルになります。

多次元配列モード

多次元配列モードは、任意のサイズのベクトルと配列を受け入れます。入力信号の次元の方が低次元である場合、出力の次元と同じになるように残りの次元を 1 とします。たとえば、出力が 4 次元で、入力が [2x3] (2 次元) の場合、このブロックは入力を [2x3x1x1] として取り扱います。出力は、常に配列です。ブロックの [連結の次元] パラメーターにより、ブロックの入力配列を連結する出力次元を指定できます。

[連結の次元] パラメーターを 2 に設定し、入力が 2 次元行列である場合、ブロックは行列の水平方向の連結を実行し、入力行列を左右に並べて配置して、出力行列を作成します。たとえば、以下のようになります。

[連結の次元] パラメーターを 1 に設定し、入力が 2 次元行列である場合、ブロックは行列の垂直方向の連結を実行し、入力行列どうしを上下に並べて、出力行列を作成します。たとえば、以下のようになります。

水平連結では、入力行列が同じ列次元をもっている必要があります。垂直連結では、入力行列が同じ行次元をもっている必要があります。すべての入力信号は、連結の次元以外の次元すべてについても同じ次元をもつ必要があります。

[モード] パラメーターを [多次元配列][連結の次元] パラメーターを 3 に設定し、入力が 2 次元行列である場合、ブロックは多次元行列の連結を実行します。たとえば、以下を行います。

サポートするデータ型

Simulink® がサポートする任意のデータ型 (固定小数点データ型、列挙データ型および非バーチャル バス データ型を含む) の信号を受け入れます。すべての入力は、同じデータ型でなければなりません。出力は、入力と同じデータ型になります。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

パラメーターとダイアログ ボックスは、ブロックがベクトル モードで動作しているか、行列モードで動作しているかに依存して異なります。多くのパラメーターは、両方のモードに存在します。

Vector Concatenate ブロックのダイアログ ボックスは、次のように表示されます。

Matrix Concatenate ブロックのダイアログ ボックスは、次のように表示されます。

入力数

このブロックへの入力の数を指定します。

設定

既定の設定: 2

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

モード

このブロックが行う連結の種類を選択します。

設定

既定の設定:[ベクトル] (Vector Concatenate ブロック用)、[多次元配列] (Matrix Concatenate ブロック用)

ベクトル

ベクトル連結を行います (詳細はベクトル モードを参照)。

多次元配列

行列連結を行います (詳細は多次元配列モードを参照)。

依存関係

このパラメーターは [連結の次元] を有効にします。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

連結の次元

入力配列を連結する出力の次元を指定します。

設定

既定の設定: 2

  • 入力配列を垂直に連結するには、1 を入力します。

  • 入力配列を水平に連結するには、2 を入力します。

  • 入力に対して多次元連結を行うには高い方の次元を入力します。

依存関係

[モード][多次元配列] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

ブロック固有のパラメーターを参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型

サンプル時間

駆動ブロックから継承

直接フィードスルー

あり

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

参考

MATLAB® リファレンス ドキュメンテーションの cat

R2009b で導入

この情報は役に立ちましたか?