ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Variable Integer Delay

可変サンプル周期による入力信号の遅延

ライブラリ

Discrete

説明

Variable Integer Delay ブロックは、既定により遅延の長さが Input port に設定されたソースをもつ Delay ブロックのバリアントです。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

コード生成

あり

R2012b で導入

この情報は役に立ちましたか?