ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV

外部イネーブル信号がオンの場合、外部 RV リセットを使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅延

ライブラリ

Additional Math & Discrete / Additional Discrete

説明

Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV ブロックは、フィードバックをもち、かつ現在の入力に依存する計算をサポートします。このブロックは、リセット信号 R に基づいてブロックの状態をリセットできます。

ブロックには、入力信号 u、外部イネーブル信号 E、外部リセット信号 R、外部リセット値 RV のための 4 つの入力端子があります。

イネーブル信号 E がオンで、リセット信号 R が false のとき、最初の端子は信号を出力し、2 番目の端子は 1 サンプリング周期だけ遅れた信号を出力します。

イネーブル信号 E がオンでリセット信号 R が true のとき、最初の出力信号はリセット値 RV になるように強制されます。2 番目の出力信号は 1 つのタイム ステップが経過するまで影響を受けません。1 つのタイム ステップが経過した時点で、その出力は前のタイム ステップのリセット値 RV と等しくなります。内部の [初期条件] は、モデル開始時、または、親の Enabled Subsystem がリセットされる時のみ 2 番目の出力に直接影響します。

イネーブル信号がオフの場合、ブロックは無効になり、状態と出力値はリセットしない限り変化しません。

イネーブル信号は、E が 0 以外のときにオンになり、E が 0 のときにオフになります。イネーブルとリセットのアクションはベクトル化され、スカラー拡張をサポートします。

2 つの出力をもつと、結果が最新の入力を含む再帰的な計算の実行に役立ちます。2 番目の出力は、代数ループを避けて、ブロック入力の計算にフィードバックできます。一方、最初の出力は最新の計算を表します。

サンプル間の時間は、サンプル時間 パラメーターを使って指定します。-1 に設定すると、このブロックは サンプル時間 を継承します。

サポートするデータ型

Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV ブロックは次のデータ型の信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

  • boolean

  • 列挙型

出力は入力 u と同じデータ型です。列挙型信号の場合、[初期条件] は入力 u と同じ列挙型でなければなりません。

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

初期条件

シミュレーションの初期出力を指定します。

サンプル時間

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「サンプル時間の指定」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型

サンプル時間

サンプル時間パラメーターで指定

直接フィードスルー

最初の出力端子にはあり、

2 番目の出力端子にはなし

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?