ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

Unit Delay Enabled Resettable

外部イネーブル信号がオンの場合、外部論理リセットを使って信号を 1 サンプリング周期だけ遅らせます。

ライブラリ

Additional Math & Discrete / Additional Discrete

説明

Unit Delay Enabled Resettable ブロックは、Unit Delay Enabled ブロックと Unit Delay Resettable ブロックの機能を兼ね合わせています。

このブロックは、外部リセット信号 R に基づいてブロックの状態をリセットできます。イネーブル信号 E がオンで、リセット信号 R が false の場合、ブロックは 1 サンプリング周期だけ遅らせた入力信号を出力します。

イネーブル信号 E がオンで、リセット信号 R が true のとき、ブロックは、現在の状態と出力を [初期条件] の値にリセットします。

イネーブル信号がオフのとき、このブロックは無効です。また、リセットを除き、状態と出力は変化しません。イネーブル信号は、E が 0 以外のときにオンになり、E が 0 のときにオフになります。

サンプル間の時間は、サンプル時間 パラメーターを使って指定します。-1 に設定すると、このブロックは サンプル時間 を継承します。

サポートするデータ型

Unit Delay Enabled Resettable ブロックは次のデータ型の信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

  • boolean

  • 列挙型

出力のデータ型は、入力 u と同じです。列挙型信号の場合、[初期条件] は入力 u と同じ列挙型でなければなりません。

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

初期条件

シミュレーションの初期出力を指定します。

サンプル時間

サンプルの時間間隔を指定します。サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。詳細は、オンライン ドキュメンテーションの「サンプル時間の指定」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型

サンプル時間

サンプル時間パラメーターで指定

直接フィードスルー

入力端子にはなし

イネーブル端子にはなし

リセット端子にはあり

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?