ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Trigger

モデルまたはサブシステムにトリガー端子を追加

ライブラリ

Ports & Subsystems

説明

モデルに Trigger ブロックを追加すると、外部信号によってその実行をトリガーできます。トリガー端子はルートレベル モデルまたはサブシステムに追加できます。

モデルが次のように実行されるように Trigger ブロックを構成します。

  • 指定した変化が外部信号の値に起こった場合に、各積分ステップで 1 回実行。

  • 外部信号が Function-Call Generator ブロックまたは S-Function からの関数呼び出しである場合、1 つのタイム ステップ中に複数回実行。

モデルまたはサブシステムごとに Trigger ブロックを 1 つだけ含めます。

[信号属性] タブを使用して、トリガー端子によって入力信号に適用されるプロパティを指定します。

Trigger ブロックは「信号ラベルの伝播」をサポートします。

詳細は、次の参考文献を参照してください。

サポートするデータ型

Trigger ブロックは、固定小数点データ型をはじめとした、サポートされている Simulink® 数値データ型の信号を受け入れます。詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

[Trigger ブロック] ダイアログ ボックスの [メイン] タブは、次のように表示されます。

[Trigger ブロック] ダイアログ ボックスの [信号属性] タブは、次のように表示されます。

トリガー タイプ

サブシステムの実行をトリガーするイベントのタイプを選択します。

設定

既定の設定: 立ち上がり

立ち上がり

制御信号が負の値またはゼロから正の値に上昇すると、モデルまたはサブシステムの実行がトリガーされます。初期値が負の場合はゼロへの上昇で実行がトリガーされます。

立ち下がり

制御信号が正の値またはゼロから負の値に下降すると、モデルまたはサブシステムの実行がトリガーされます。初期値が正の場合はゼロへの下降で実行がトリガーされます。

両方

[両方] を選択すると、トリガー信号の上昇または下降でモデルまたはサブシステムが実行されます。

関数呼び出し

Function-Call Generator または S-Function がサブシステムまたはモデルの実行を制御できます。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

Simulink 関数として扱う

Function-Call Subsystem が引数を指定して呼び出すことができる Simulink 関数になるように設定します。

設定

既定の設定: オフ

このチェック ボックスをオンにすると、Subsystem ブロックのアイコン上に、Simulink 関数の入力引数と出力引数を設定するために編集することができる関数プロトタイプが表示されます。

ヒント

このチェック ボックスを使用してサブシステムを Simulink 関数として構成するには、Trigger ブロックがサブシステム内になければなりません。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、[トリガー タイプ] パラメーターで [関数呼び出し] を選択した場合にのみ表示されます。

[トリガー タイプ] を [function-call] に設定して、[Simulink 関数として扱う] チェック ボックスをオンにすると、[関数名] パラメーターと [バリアント条件を有効にします] パラメーターが有効になります。

関数名

Simulink 関数の関数名を指定します。

設定

既定の設定: f

このパラメーターは、Simulink 関数の関数プロトタイプにおける関数名を提供します。

依存関係

[トリガー タイプ] を [function-call] に設定して、[Simulink 関数として扱う] チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

バリアント条件を有効にします

関数呼び出し端子でバリアント条件を有効にして、条件が true の場合に端子がアクティブになるようにします。

設定

既定の設定: オフ

このチェック ボックスをオンにすると、Simulink Function ブロックの関数呼び出し端子の表示が変わり、バリアント条件が有効であることが示されます。

依存関係

このチェック ボックスをオンにすると、[バリアント制御] パラメーターと [プリプロセッサの条件を生成] パラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

バリアント制御

true に評価された場合に、この端子をアクティブにするバリアント制御式。バリアント制御は、boolean の条件式または boolean の条件式を表す Simulink.Variant オブジェクトのいずれかです。お使いのモデルのコードを生成する場合、制御変数を Simulink.Parameter オブジェクトとして定義しなければなりません。

設定

既定の設定: Variant

依存関係

[トリガー タイプ] を [function-call] に設定し、[バリアント条件を有効にします] チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

プリプロセッサの条件を生成

このパラメーターは、ERT ターゲット用のコードを生成する場合に、バリアント選択を C のプリプロセッサの条件ステートメント (#if) で囲むかどうかを決定します。

設定

既定の設定: off

依存関係

[トリガー タイプ] を [function-call] に設定し、[バリアント条件を有効にします] チェック ボックスをオンにすると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

イネーブル時の状態

関数呼び出しによってトリガーされたときの状態値を指定します。

設定

既定の設定: 保持

保持

状態を現在の値のままにします。

リセット

状態をリセットします。

継承

関数呼び出しを行った親のサブシステムの [保持/リセット] 設定を使用します。イニシエーターの親がモデルのルートの場合、継承された設定が保持されます。複数のイニシエーターによるトリガーでは、すべてのイニシエーターの親を [保持] または [リセット] に設定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[トリガー タイプ] リストから function-call を選択します。

このパラメーターの設定が適用されるのは、モデルが明示的に Function-Call Subsystem を有効または無効にした場合のみです。次に例を示します。

  • Function-Call Subsystem が、Enabled Subsystem の内部にある場合。この場合、モデルは Function-Call Subsystem を親のサブシステムと共に有効または無効にします。

  • Function-Call Subsystem を制御する Function-call イニシエーターは、Enabled Subsystem 内にあります。この場合、モデルは Function-Call Subsystem を、Function-call イニシエーターを含む Enabled Subsystem と共に有効または無効にします。

  • Function-call イニシエーターは、特定の状態に固有の Stateflow® イベントです。Stateflow ドキュメンテーションの 「bind アクションによる Function-Call Subsystem の制御」 を参照してください。

  • Function-call イニシエーターは、Function-Call Subsystem を明示的にイネーブルまたはディセーブルにする S-Function です。例については、「ssEnableSystemWithTid」を参照してください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

可変サイズの信号のサイズを伝播

可変サイズの信号をいつ伝播するかを指定します。

設定

既定の設定:実行中

イネーブルのときのみ

Trigger ブロックを含むモデルまたはサブシステムを有効にするときにのみ、可変サイズの信号のサイズを伝播します。

実行中

各タイム ステップで可変サイズの信号が伝播されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[トリガー タイプ] リストから [関数呼び出し] を選択します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

出力端子の表示

このチェック ボックスをオンにすると、トリガー タイプを示す信号が出力されます。

設定

既定の設定: オン

オン

Trigger ブロックの出力端子を表示して、トリガー タイプを出力します。このチェック ボックスをオンにすると、システムはトリガーの原因となった信号を特定することができます。信号の幅はトリガー信号の幅です。この信号の値は、次のとおりです。

  • トリガー信号が正の方向でゼロを横切る瞬間は 1

  • トリガー信号が負の方向でゼロを横切る瞬間は -1

  • 関数呼び出しトリガーの場合は 2

  • それ以外の場合は 0

オフ

出力端子を削除します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

出力データ型

トリガー出力データ型を指定します。

設定

既定の設定: [auto]

auto

データ型を出力に接続されている端子と同じにします。

double

データ型を double (倍精度) に設定します。

int8

データ型を整数に設定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[出力端子の表示] チェック ボックスをオンにします。

Trigger ブロックは、固定小数点ツールの [データ型のオーバーライド] の設定を無視します。

サンプル時間のタイプ

サブシステムを呼び出す頻度を指定します。

設定

既定の設定: トリガー

トリガー

周期的な呼び出し頻度をもたないアプリケーションに適用されます。

周期的

サブシステムがアクティブ (有効) なとき、親の Function-Call Subsystem の呼び出し元がそのサブシステムを 1 つのタイム ステップごとに 1 回呼び出す場合に適用されます。Stateflow チャートが呼び出し元の例です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[トリガー タイプ] リストから [関数呼び出し] を選択します。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

サンプル時間

ブロックの呼び出し頻度を指定します。

設定

既定の設定: 1

この Trigger ブロックを含む Function-Call Subsystem の呼び出し頻度に対応するサンプル時間をこのパラメーターに設定します。そのサブシステムの実際の呼び出し頻度がこのパラメーターが指定する頻度と異なる場合は、Simulink がエラーを出力します。このパラメーターを -1 に設定し、受信したトリガー信号からサンプル時間を継承します。

依存関係

[トリガー タイプ] を [function-call] に設定して [サンプル時間タイプ] を [周期的] に設定すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

ゼロクロッシング検出を有効にする

ゼロクロッシング検出を有効にする場合は選択します。

設定

既定の設定: オン

オン

ゼロクロッシングを検出します。

オフ

ゼロクロッシングを検出しません。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

端子の次元

ブロックへの入力信号の次元数を指定します。

設定

既定の設定: 1

有効な値は次のとおりです。

説明

n

n のベクトル信号を受け入れます。

[m n]

mn 列をもつ行列信号を受け入れます。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

信号のサンプル時間のトリガー

トリガーされた信号を駆動するブロックが実行されるときのレートを指定します。

設定

既定の設定: -1

サンプル時間を継承するには、このパラメーターを -1 に設定します。

詳細は、「サンプル時間の指定」を参照してください。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

最小値

ブロックが出力する最小値を指定します。

設定

既定の設定: [] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

最大値

ブロックが出力する最大値を指定します。

設定

既定の設定: [] (指定なし)

この数値は有限の実数で double のスカラー値でなければなりません。

Simulink ソフトウェアは、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック (「信号範囲」を参照)

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

データ型

トリガー端子を接続する信号に必要なデータ型を指定します。

設定

既定の設定:Inherit: auto

Inherit: auto

データ型は double です。

double

データ型は double です。

single

データ型は single です。

int8

データ型は int8 です。

uint8

データ型は uint8 です。

int16

データ型は int16 です。

uint16

データ型は uint16 です。

int32

データ型は int32 です。

uint32

データ型は uint32 です。

boolean

データ型は boolean です。

fixdt(1,16,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,0) です。

fixdt(1,16,2^0,0)

データ型は固定小数点 fixdt(1,16,2^0,0) です。

Enum:<class name>

データ型は列挙型です。たとえば、Enum: Basic Colors などです。

<data type expression>

データ型オブジェクトの名前です。たとえば、Simulink.NumericType などです。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

モード

指定するデータのカテゴリを選択します。

設定

既定の設定: 継承

継承

データ型の規則の継承。[継承] を選択すると、2 番目のリストが有効になります。

組み込み

組み込みのデータ型。[組み込み] を選択すると、2 番目のリストが有効になります。次の選択肢からいずれかを選択します。

  • double (既定の設定)

  • single

  • int8

  • uint8

  • int16

  • uint16

  • int32

  • uint32

  • boolean

固定小数点

固定小数点データ型。

列挙型

列挙型データ。[列挙型] を選択すると、2 番目のテキスト ボックスが有効になります。そこにクラス名を入力することができます。

[式]

データ型を評価する式。[] を選択すると、2 番目のテキスト ボックスが有効になります。そこに式を入力することができます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[データ型アシスタントを表示] をクリックします。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

データ型オーバーライド

この信号のデータ型オーバーライド モードを指定します。

設定

既定の設定: 継承

継承

コンテキストからデータ型オーバーライド設定を継承します。コンテキストとはブロックのことで、信号を使用している Simulink の Simulink.Signal オブジェクトまたは Stateflow チャートです。

オフ

コンテキストのデータ型オーバーライド設定を無視し、信号に対して指定された固定小数点データ型を使用します。

ヒント

個々のデータ型に対してデータ型オーバーライドをオフにする機能により、データ型オーバーライドを適用する際に、モデル内のデータ型をさらに効果的に制御できます。たとえば、このオプションを使用すると、データ型オーバーライド設定にかかわらず、データ型が下流ブロックの要件を満たすことを確認できます。

依存関係

このパラメーターは、[モード]組み込み または 固定小数点 の場合にのみ表示されます。

符号付き/なし

固定小数点データを符号付きにするか、符号なしにするかを指定します。

設定

既定の設定: 符号付き

符号付き

符号付き固定小数点データを指定します。

符号なし

符号なし固定小数点データを指定します。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

スケーリング

オーバーフローを避け、量子化誤差を最小限に抑えるための固定小数点データのスケーリング方法を指定します。

設定

既定の設定: 最高精度[2 進小数点]整数

[2 進小数点]

2 進小数点の位置を指定します。

勾配とバイアス

勾配とバイアスを入力します。

最高精度

最高精度値を指定します。一部のブロックにはこのオプションが表示されます。

整数

整数を指定します。この設定は 2 進小数点の位置を指定し、小数部の長さを 0 に設定した場合と同じ結果になります。一部のブロックにはこのオプションが表示されます。

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

[2 進小数点] を選択すると、以下が有効になります。

  • 小数部の長さ

  • 最高精度のスケーリングを計算

勾配とバイアス を選択すると、以下が有効になります。

  • 勾配

  • バイアス

  • 最高精度のスケーリングを計算

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

語長

量子化された整数をもつ語のビット サイズを指定します。

設定

既定の設定: 16

最小値: 0

最大値: 32

依存関係

[モード]固定小数点を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

小数部の長さ

固定小数点データ型の小数部の長さを指定します。

設定

既定の設定: 0

2 進小数点は正または負の整数になります。

依存関係

[スケーリング][2 進小数点] を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

勾配

固定小数点データ型の勾配を指定します。

設定

既定の設定: 2^0

任意の正の実数を指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

バイアス

固定小数点データ型のバイアスを指定します。

設定

既定の設定: 0

任意の実数を指定します。

依存関係

[スケーリング]勾配とバイアス を選択すると、このパラメーターが有効になります。

参考

詳細は、「固定小数点データ型の指定」を参照してください。

データを内挿する

ブロックは、データをワークスペースから読み込む際、対応するワークスペース データが存在しないタイム ステップでの出力を内挿または外挿します。

設定

既定の設定: オン

オン

ブロックは、データをワークスペースから読み込む際、対応するワークスペース データが存在しないタイム ステップでの出力を内挿または外挿します。

オフ

ブロックは、データをワークスペースから読み込む際、対応するワークスペース データが存在しないタイム ステップでの出力を内挿または外挿しません。

コマンド ライン情報

「ブロック固有のパラメーター」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型

サンプル時間

次の場合にサンプル時間 パラメーターで指定。

  • [トリガー タイプ][関数呼び出し]

  • [サンプル時間タイプ][周期的]

その他の場合は、信号をトリガー端子で指定。

多次元信号

あり

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

有効な場合、あり

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?