ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Terminator

未接続の出力端子の終端を生成

ライブラリ

Sinks

説明

Terminator ブロックを使用すると、出力端子が他のブロックに接続されていないブロックを終端させることができます。未接続の出力端子をもつブロックを使ってシミュレーションを実行すると、Simulink® は警告メッセージを表示します。Terminator ブロックを使ってこれらのブロックを終端させると、警告メッセージを回避することができます。

サポートするデータ型

Terminator ブロックは、Simulink がサポートするすべてのデータ型 (固定小数点データ型および列挙型データを含む) の実数および複素数信号を受け入れます。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

次の Simulink の例は、Terminator ブロックの使用方法を示します。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

サンプル時間

駆動ブロックから継承

多次元信号

あり

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?