ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

slbuild

モデルのスタンドアロン実行可能ファイル ターゲットまたはモデル参照ターゲットをビルド

構文

  • slbuild(model)
  • slbuild(model,'StandaloneRTWTarget')
  • slbuild(model,'StandaloneRTWTarget','ForceTopModelBuild',true)
  • slbuild(model,'CleanTopModel')
  • slbuild(model,mdlreftarget)
  • slbuild(model,mdlreftarget,'UpdateThisModelReferenceTarget',buildcond)

説明

    メモ:   注意書きがある場合を除き、この関数は Simulink® Coder™ ライセンスを必要とします。

slbuild(model) は、モデルの現在のコンフィギュレーション設定を使用して、model からスタンドアロンの Simulink Coder のターゲット実行可能ファイルをビルドします。モデルがまだ読み込まれていない場合は、ビルド プロセスを開始する前に slbuild がモデルを読み込みます。

slbuild(model,'StandaloneRTWTarget') は、スタンドアロンの Simulink Coder のターゲット実行可能ファイルを model からビルドします (前と同様)。

slbuild(model,'StandaloneRTWTarget','ForceTopModelBuild',true) を使用するとさらに、参照モデルをもつシステムの最上位モデルのコードを強制的に再生成できます。ForceTopModelBuild を省略した場合や false に設定した場合は、ビルド プロセスはモデルおよびモデル パラメーターの変更に基づいて、最上位モデルのコードを再生成するかどうかを決定します。

slbuild(model,'CleanTopModel') は、次回のビルドで最上位モデルのコードの再生成をトリガーするのに十分なモデル ビルド領域をクリーンアップします。

    メモ:   モデル参照ターゲットをビルドするための以下の関数呼び出しには、次のような特徴があります。

    • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [リビルド] パラメーターの設定に従います。

    • Simulink Coder ライセンスはモデル参照 Simulink Coder ターゲットをビルドする場合にのみ必要になり、モデル参照シミュレーション ターゲットのみをビルドする場合は不要です。

slbuild(model,mdlreftarget) は、mdlreftarget によって指定されたタイプのモデル参照ターゲットを model からビルドします。mdlreftarget 引数は、次のいずれかでなければなりません。

  • 'ModelReferenceSimTarget' — モデル参照シミュレーション ターゲットをビルドします (Simulink Coder ライセンスは不要です)。

  • 'ModelReferenceRTWTarget' — モデル参照 Simulink Coder ターゲットおよび対応するモデル参照シミュレーション ターゲットをビルドします。

  • 'ModelReferenceRTWTargetOnly' — モデル参照 Simulink Coder ターゲットのみをビルドします。

slbuild(model,mdlreftarget,'UpdateThisModelReferenceTarget',buildcond) を使用すると、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [リビルド] パラメーターが [行わない] に設定されている場合に、モデル参照ターゲット ビルドの条件付きリビルド オプションを指定できます。

    メモ:   'UpdateThisModelReferenceTarget' の設定は model にのみ適用され、model が参照するモデルには適用されません。

buildcond 引数は、次のいずれかでなければなりません。

  • 'Force'

    モデルを無条件でリビルドします。このオプションは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [常に行う] リビルド オプションと同じです。

  • 'IfOutOfDateOrStructuralChange'

    ビルド プロセスによって変更が検出された場合にモデルをリビルドします。このオプションは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [任意の変更を検出] リビルド オプションと同じです。

  • 'IfOutOfDate'

    ビルド プロセスによってこのモデルの既知の依存関係で変更が検出された場合にモデルをリビルドします。このオプションは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインの [既知の依存関係で任意の変更が検出された場合] リビルド オプションと同じです。

入力引数

すべて折りたたむ

model — ビルド プロセスを実行するモデルハンドル | name

スタンドアロン実行可能ファイル ターゲットまたはモデル参照ターゲットをビルドするモデル。モデル名を表すハンドルまたは文字列として指定します。

例: gcs

mdlreftarget — モデル参照ターゲット'ModelReferenceSimTarget' | 'ModelReferenceRTWTarget' | 'ModelReferenceRTWTargetOnly'

モデル コードを生成するために使用するモデル参照ターゲット

例: 'ModelReferenceSimTarget'

この情報は役に立ちましたか?