ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Sine Wave Function

時間のソースとして外部信号を使用し、正弦波を生成

ライブラリ

Math Operations

説明

このブロックは、Sources ライブラリに表示される Sine Wave ブロックと同じです。ブロックのダイアログ ボックスで [時間] パラメーターとして [シミュレーション時間を使用] を選択すると、Sine Wave ブロックが得られます。詳細は、Sine Wave ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

特性

データ型

double

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?