ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Sine, Cosine

4 分の 1 波長対称を利用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点の正弦波または余弦波を実現します。

ライブラリ

Lookup Tables (Sine ブロックまたは Cosine ブロック)

説明

Sine ブロックまたは Cosine ブロックは、4 分の 1 波長対称を使用するルックアップ テーブル法を使用して固定小数点で正弦波または余弦波を実現します。

Sine ブロックまたは Cosine ブロックは、[出力式] パラメーターの選択に応じて、入力信号の次の関数を出力することができます。

  • sin(2πu)

  • cos(2πu)

  • exp(i2πu)

  • sin(2πu) と cos(2πu)

[ルックアップ テーブルのデータ点の数] パラメーターで、ルックアップ テーブルのデータ点の数を定義できます。ルックアップ テーブルに対するデータ点を (2^n)+1 (n は整数) に指定すると、ブロックの実現は最も効率的になります。

    ヒント:   意味のあるブロック出力を得るには、ブロック入力値の範囲は [0, 1) となっていなければなりません。この範囲外の入力値は符号なしデータ型にキャストされ、オーバーフローはラップされます。こうした範囲外の入力で得られるブロック出力は、意味をなさない場合もあります。

[出力語長] パラメーターを使用して、固定小数点出力データ型の語長を指定します。出力の小数部長は、出力の語長から 2 を差し引いた値です。

サポートするデータ型

Sine ブロックおよび Cosine ブロックは、以下のデータ型の信号を受け入れます。

  • 浮動小数点

  • 組み込み整数

  • 固定小数点

  • boolean

ブロックの出力は、固定小数点データ型です。

詳細は、Simulink® ドキュメンテーションの「 Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

出力式

出力する信号を選択します。

ルックアップ テーブルのデータ点の数

ルックアップ テーブルから取得するデータ点の数を指定します。ルックアップ テーブルに対するデータ点を (2^n)+1 (n は整数) に指定すると、ブロックの実現は最も効率的になります。

出力語長

出力信号の固定小数点データ型の語長を指定します。出力の小数部長は、出力の語長から 2 を差し引いた値です。

    メモ:   ブロックは、倍精度浮動小数点値を使用してルックアップ テーブルを作成します。したがって、出力で達成できる最大精度は 53 ビットです。語長を 53 よりも大きい値に設定しても出力の精度は上がりません。

ルックアップ テーブルの内部ルール優先順位

中間計算の内部ルールを指定します。より速く計算するには [速度] を選択します。この場合、通常で最大 2 ビットの精度が失われる場合があります。

sldemo_tonegen_fixptsldemo_tonegen_fixpt モデルは、Sine ブロックを使用して固定小数点の正弦波を実装する方法を示します。

詳細は、「モデルの説明モデルの説明」を参照してください。

特性

直接フィードスルー

あり

サンプル時間

駆動ブロックから継承

スカラー拡張

N/A

ゼロクロッシング検出

なし

この情報は役に立ちましたか?