ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Timeseries

mux およびバス信号以外の信号のデータの保存

説明

    メモ:   下位互換性のために、Simulink.Timeseries クラスがサポートされています。ModelDataLogs 形式によって信号ログ データの Simulink.Timeseries オブジェクトが作成されました。R2016a 以降は、データを [ModelDataLogs] 形式で記録することはできません。信号ログでは、[Dataset] 形式が使用されます。R2016a 以降では、ModelDataLogs 形式を使用していた前のリリースのモデルを開くと、そのモデルが Dataset 形式を使用するようにシミュレートされます。

    ModelDataLogs の信号ログ データは Dataset 形式に変換できます。Dataset 形式に変換すると、同様に Dataset 形式を使用できる他の記録されたデータ (記録された状態など) との事後処理が容易になります。詳細は、「Dataset 形式へのログ データの変換」を参照してください。

    ModelDataLogs API を使用するレガシ コードがある場合、コードまたはモデルに対する更新が必要な状況が生じる可能性があります。「ModelDataLogs API を使用するスクリプトの移行」を参照してください。

Simulink® は、Simulink.TsArray に保存された mux またはバス信号以外の信号の記録した信号データを保存するこのクラスのインスタンスを作成します。詳細は、「信号ログを使用して、信号データをエクスポート」を参照してください。

プロパティ

名前

アクセス

説明

Name

RW

この信号のログの名前

BlockPath

RW

この信号ログに記録される信号を出力するブロックのパス

PortIndex

RW

この信号ログに記録される信号を出力する出力端子のインデックス

SignalName

RW

この信号ログに記録される信号の名前

ParentName

RW

信号が複合信号の要素またはバーチャル バスの場合は、このログに記録される信号の親の名前。そうでない場合は SignalName と同じ。

TimeInfo

RW

このログの時刻データを記述する Simulink.TimeInfo クラスのオブジェクト

Time

RW

信号データのログが記録されたシミュレーション時刻を含む配列

Data

RW

信号データを含む配列

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?