ドキュメンテーション

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

who

クラス: Simulink.SimulationOutput
パッケージ: Simulink

シミュレーションの出力変数名へのアクセスと表示

構文

simOutVar = simOut.who

説明

simOutVar = simOut.who は、ワークスペース変数を含む、すべてのシミュレーション出力変数の名前を返します。

出力引数

simOutVar

シミュレーションの出力変数名の文字列配列。

vdp をシミュレートして、出力変数名の文字列値を格納します。

simOut = sim('vdp','SimulationMode','rapid','AbsTol','1e-5',...
         'SaveState','on','StateSaveName','xoutNew',...
         'SaveOutput','on','OutputSaveName','youtNew');
simOutVar = simOut.who
この情報は役に立ちましたか?