ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo

信号の信号ログ オーバーライド設定

説明

このオブジェクトには 1 つのログ信号の信号ログ オーバーライド設定が含まれています。

プロパティのまとめ

名前

説明

BlockPath

ログに記録する信号のソース ブロックの Simulink.BlockPath

OutputPortIndex

ログに記録する出力端子のインデックス。

LoggingInfo

信号のすべてのログ オーバーライド設定を含んでいる Simulink.SimulationData.LoggingInfo オブジェクト。

メソッドのまとめ

名前

説明

SignalLoggingInfo

信号の信号ログ オーバーライド オブジェクトを作成します。

プロパティ

BlockPath

説明

ログに記録する信号のソース ブロックの Simulink.BlockPath。ブロック パスは完全なモデル参照階層を表します。

信号の特定のインスタンスを指定するには最上位モデルから始まるモデル参照階層を表す絶対パスを使用します。以下に例を示します。

sig_log_info = Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(...
{'sldemo_mdlref_bus/CounterA', ...
'sldemo_mdlref_counter_bus/Bus Creator'})

データ型

Simulink.BlockPath

アクセス

RW

OutputPortIndex

説明

ログに記録する出力端子のインデックス。インデックスは 1 から始まる数値です。

データ型

非ゼロの整数

アクセス

RW

LoggingInfo

説明

信号のログ オーバーライド設定を含んでいる Simulink.SimulationData.LoggingInfo オブジェクト。ログ設定ではこの信号の信号ログがオーバーライドされるかどうかを指定します。また、ログ名、間引き係数、およびデータ点の最大数も指定できます。

データ型

セル配列

アクセス

RW

メソッド

SignalLoggingInfo

目的

Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo オブジェクトを作成します。

構文

signal_logging_info_object = ...
   Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo()
signal_loggingInfo_object = ...
   Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(path)
signalLoggingInfo_object = ...
   Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(path,index)

入力引数

path

信号ログ オーバーライド設定が適用されるソース ブロックのブロック パス。この引数を使用して port 引数を使用しない場合は出力端子インデックスが 1 に設定されます。

index

信号ログ オーバーライド設定が適用される出力端子インデックス。

出力引数

signal_logging_object

信号のオーバーライド設定を表す Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo オブジェクト。

説明

signal_logging_override_object = Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo() は信号の既定のログ設定を含む Simulink.SimulationData.LoggingInfo オブジェクトを作成します。

signal_logging_override_object = Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(path) は指定されたブロック パスを使用して Simulink.SimulationData.LoggingInfo オブジェクトを作成し、出力端子インデックスを 1 に設定します。

signal_logging_override_object = Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(path, port) は指定されたブロック パスおよび出力端子インデックスの既定のログ設定を含む Simulink.SimulationData.LoggingInfo オブジェクトを作成します。

次の例では sldemo_mdlref_bus モデルにある Bus Creator ブロックの最初の出力端子の Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo オブジェクトを作成します。

sldemo_mdlref_bus;
mi = Simulink.SimulationData.ModelLoggingInfo(...
'sldemo_mdlref_bus');
mi.LoggingMode = 'OverrideSignals';
mi.Signals = ...
   Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo(...
   {'sldemo_mdlref_bus/CounterA', ...
'sldemo_mdlref_counter_bus/Bus Creator'}, 1)

出力は、次のようになります。

mi = 

  Data.ModelLoggingInfo with properties:

                       Model: 'sldemo_mdlref_bus'
               LoggingMode: 'OverrideSignals'
    LogAsSpecifiedByModels: {}
                   Signals: [1x1 Simulink.SimulationData.SignalLoggingInfo]

  Methods
この情報は役に立ちましたか?