ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SimulationData.Signal

信号のログ情報のコンテナー

説明

Simulink®Simulink.SimulationData.Signal オブジェクトを使用して、シミュレーション時に信号のログ情報を格納します。このオブジェクトには、端子のタイプとインデックスを含む、信号のソース ブロックについての情報が格納されます。

プロパティのまとめ

名前

説明

BlockPath信号のソース ブロックのブロック パス
Name名前ベースのアクセスに用いる信号要素の名前
PropagatedName存在する場合、伝播された信号名
PortIndexログに記録された端子の数値インデックス
PortTypeログに記録された端子のタイプ。信号ログの端子タイプは 'outport' です。
Valuesログが記録された日時

プロパティ

BlockPath

説明

信号のソース ブロックのブロック パス

データ型

Simulink.SimulationData.BlockPath

アクセス

RW

名前

説明

名前ベースのアクセスに用いる信号要素の名前

データ型

文字列

アクセス

RW

PropagatedName

説明

伝播した信号要素名

ログ形式が Dataset で次の設定を行った場合、信号のログ データおよびルート Outport ブロックの信号用ログ データでは伝播された信号名を取得します。

  • 信号のログの場合:

    • 信号ログ用の信号をマークし、[信号プロパティ] ダイアログ ボックスで、[伝播信号の表示] を選択します。

    • [コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][信号のログ] を有効にします。

  • ルート Outport ブロックのログの場合、[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][出力] を選択します。

伝播した信号名には山かっこ (<>) は含まれません。

データ型

文字列

アクセス

RO

PortIndex

説明

ログに記録された端子の数値インデックス

データ型

文字列

アクセス

RW

PortType

説明

ログに記録された端子のタイプ。信号ログの端子タイプは 'outport' です。

データ型

文字列

アクセス

RW

説明

ログが記録された日時です。

Values プロパティの使用法およびログ信号データのプロット方法については、sldemo_mdlref_bus の例にある「信号データのログ記録」を参照してください。

データ型

単一の MATLAB®timeseries オブジェクトまたは timeseries オブジェクトの MATLAB 構造体 (バス信号の場合)

アクセス

RW

この情報は役に立ちましたか?